暑くなってくるといろいろなものが傷みますよね~

ヤカンにいれたお茶を常温で放置していたら、子ども達が「すっぱい」と言い出しました。

 

え~、普段は何ともないのに!

暑さで腐ってきたのかしら?

 

そう言えば乳製品などの発酵も菌の仕業ですよね?

 

腐って食べられなくなる腐敗と、美味しくなる発酵、どちらも菌が関係しているはずですが、どう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、意外と知らない発酵と腐敗の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

発酵と腐敗の違いは?

発酵とは

発酵 腐敗
(画像引用元:https://health.xgoo.jp

発酵食品は身体にいい、と言いますよね。

 

乳酸菌や酵母などの菌が、食べ物を分解して栄養を増やしたり、保存力を高めたりしてくれます。

 

醤油や味噌、ぬか漬けや納豆は日本で古くから使われている発酵食品です。

 

ヨーグルトやチーズ、キムチやピクルスも発酵食品ですね。

糖を分解することによって、味や栄養素が変化します。

 

原料の牛乳から、ヨーグルトやチーズが作られる。

大豆から味噌や醤油が作られる。

これらが発酵です。

スポンサーリンク

腐敗とは

発酵 腐敗 違い
(画像引用元:http://greenz.jp

腐敗とは、物が腐っている状態、うっかり食べるとおなかを壊したりしますね。

 

これにも菌が関係しているはずですが、発酵と違うのは同じく糖類を分解してくれるが、腐敗はたんぱく質などを分解してアンモニアなどの腐敗臭が作られます。

 

たんぱく質を分解することにより、毒素や悪臭などの体にとって有害な働きをすることを腐敗と言います。

発酵と腐敗の違いを知って気をつけよう!

発酵も腐敗も微生物や菌によって引き起こされる現象です。

 

人にとって役に立つ現象は、発酵。

人にとって役に立たない(害になる)現象を、腐敗と呼んでいます。

 

それぞれの菌は自分の働きをしているのですが、私にとって有益なら発酵、有害なら腐敗なのです。

 

とりあえずお茶が腐敗しないように、夏の間は冷蔵庫に保管するようにします。

 

みなさんも腐敗と発酵の違いを知って、食べる食材に気をつけて下さい。

 

せばな~