皆さん、日常的にお魚を食べていますか?

 

実は私は魚の小骨を取るのが苦手。

過去に何度も耳鼻咽喉科のお世話になっている事もあるのでお魚は食卓にも上がりにくくなっています。

 

でも、お魚には体にいい栄養がたっぷりだから食べたいのですが、どうにか骨まで食べられるお魚料理はないのでしょうか?

 

ということで今回は、骨まで食べられるお魚料理をご紹介します!!


スポンサーリンク

骨まで食べられるお魚料理・レシピまとめ

圧力鍋で煮る

魚 骨まで食べられる
(画像引用元:http://www.asahikei.co.jp

一般的に骨まで食べられるお魚といえば、骨まで柔らかく煮た梅煮や甘露煮ではないでしょうか。

 

また、圧力鍋があれば短時間で骨までホロホロの梅煮ができちゃいます。

 

イワシやサンマなどの青魚を下処理したら調味料とひたひたの水を圧力鍋に入れて煮るだけ。

圧力鍋にもよりますが圧がかかってから20分ほど加熱して、自然放置で圧を下げます。

 

最後に煮汁を煮詰めて出来上がりです!

 

梅を入れれば梅煮、味噌を入れれば味噌煮、トマト缶を入れて洋風にと味も変化させられるのでおススメです。

 

魚もサバや鯛などの大きな魚でも骨まで柔らかくする事ができるそうです。

 

お子様やお年寄りのいるご家庭では圧力鍋必須ですね!!

骨せんべい

骨まで食べられる魚料理
(画像引用元:http://kakublog.jp

さんま、アジ、イワシ、キスなどの魚を3枚におろしたらぜひやりたいのが骨せんべい。

 

片栗粉をまぶしてカリカリになるまで油で揚げるだけ。

仕上げに塩を振ったら子供も喜ぶ骨せんべいの出来上がり!

 

大人はお酒が進んでしまう事間違いなし!

スポンサーリンク

つみれ

魚 骨まで食べられる
(画像引用元:http://daidokolog.pal-system.co.jp

骨はあの細くて尖った形状だから喉にささってしまうもので、形を変えてしまえば刺さらないのでつみれがおすすめです。

 

骨ごと包丁でしっかり叩いたつみれなら、骨の尖りが無くなり、まるごと食べれます。

 

更に圧力鍋で下茹ですればホロホロなって柔らかくなるので、さらに骨の尖りが無くなり、まるごと食べやすくなります。

骨まで食べられるお魚料理で栄養をしっかり取ろう!

最近は魚離れが進んでいて、日常的にお魚を食べるご家庭が少なくなっているそうです。

 

魚の骨にはカルシウムが豊富ですし、魚特有の栄養素もたくさん含まれています。

 

美味しく食べやすく調理して日常的に食卓に魚がのぼるようになるといいですね。

 

せばな~