お寿司と焼肉はお店で、私は昔からそんな感覚がありました。

 

臭いなどの問題はもちろんなのですが、自分で美味しいお肉を目利きできないのも要因なのではなのではないかと思います。

 

ということで今回は、美味しいお家焼肉を楽しむために美味しいお肉の選び方を調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

家庭での焼肉におすすめお肉・材料は?

お店を選ぶ

まず大切なのは、新鮮なお肉を提供してくれるお肉屋さんを選ぶことです。

焼肉 家 おすすめ
(画像引用元:https://uds.gnst.jp

最近は大きなスーパーならブランド肉などの取り扱いがありますが、やっぱりお肉の専門家が仕入れてくる物には敵いません。

 

更に目利きが良くても鮮度が落ちていては台無し。

回転が速く、扱っているお肉の鮮度がいいお店をいくつか調べておくと良いでしょう。

 

特に、ホルモンを売りにしているお店は仕入れ元も厳選されているので間違いがありません。

お肉を選ぶ決め手

そうは言っても近所にいいお肉屋さんがない、お肉屋さんをみつけてもどれを買ったらいいかわかりません。

 

お肉を選ぶ時はまずお肉の色を良く見ます。

焼肉 家 おすすめ
(画像引用元:http://bi-diekko-chan.com

鮮やかな赤色をしていてバラツキがないものがオススメ。

黒ずんでいたり黄色っぽくなっているものは古くなっている証です。

 

パックされているお肉はドリップ(お肉から出る水分)が出ていないかも確認します。

 

牛肉はブランド牛ではなくていいので、国産のものがおすすめです。

焼肉 家 おすすめ
(画像引用元:http://himekazura.com

お家焼肉とは言っても焼肉はやっぱり「ハレ」のお食事。

ちょっと奮発してもいいお肉を買った方が美味しく楽しくいただくことができます。

 

たとえ高級焼肉店並みのお肉でも何分の1の値段で済んでしまうお家焼肉ならではの贅沢です。

スポンサーリンク

部位の選び方は?

焼肉 家 おすすめ
(画像引用元:http://yakiniku-motoyama.com

まずは有名どころで言えばカルビとロース。

カルビはあばら骨の周りのお肉で味が濃厚で、サシが入りやすく脂の旨味を楽しめます。

 

スーパーや精肉店では「バラ」という名前で販売されていることも多いです。

 

ロースは肩に近いお肉で適度に脂肪があり風味が良く、お肉のキメが細かいです。

 

タンは舌のお肉で、コリコリとした食感と脂肪のバランスが良い部位です。

 

レバーをはじめとした内臓は「ホルモン」とも呼ばれ、その部位によって特徴が千差万別。

香りと旨味を楽しんだり、食感を楽しんだりするのに最適です。

 

焼肉に向くようなホルモンや、高級焼肉店で食べられるような希少部位を売っているのは、お肉の仕入れにこだわっている精肉店がほとんどで、スーパーなどではなかなか手にいれることができません。

 

脂が焦げることで煙が出るので、お家焼肉で煙が気になる場合は脂身の少ない部位を選ぶと良いようです。

 

また、牛だけでなく豚や鶏、ウィンナー、魚介などお家ならではで色々な種類を揃えられるのも良いところ。

 

焼肉店ではなかなか食べない組み合わせにしてみるのも良いですね。

 

家庭での焼肉におすすめお肉・材料で美味しく楽しく!

今は美味しいお肉を扱うお店がネット販売も行っているので、比較的手に入れやすくなってきました。

 

美味しいお家焼肉のお肉の選び方もわかったところで、ぜひお家焼肉を試してみたいと思います。

 

みなさんも家でも美味しく楽しい焼肉を行いましょうね!

 

せばな~