パンが大好きな私は、朝ごはんは毎日パンを食べています。

 

こだわりの食パンやドライフルーツの入ったハード系パンも大好き。

それなのにイーストは体に悪いらしいよ、と友人に言われました。

 

え~!イーストがないと、パンが膨らまないじゃない?

健康にいいと言われている天然酵母のパンならいいのかしら?

 

ということで今回は、イーストは体に悪いが本当なのか、ついでにイーストと天然酵母の違いと一緒に調べてみました。


スポンサーリンク

イーストは体に良くない?人体への影響は?天然酵母との違いは?

イーストは体に悪い?

イースト(酵母)とは自然界に存在する微生物の一種です。

イースト 体に良くない
(画像引用元:http://koubokun.net

パンの発酵に適した微生物を選びだして、工場で純正培養したものがイーストと呼ばれています。

 

工場で人工的に培養したものですが、もともとは自然界に存在しているものなので、体に悪いことはありません。

活性化させるイーストフードに毒性?

イーストは体に悪くないのですが、イーストを活性化させるためにイーストフードを使うことがあります。

 

ふっくらと焼き上げるためには、膨張剤であるイーストフードを使うと美味しそうにパンが焼けます。

 

このイーストフードは16種類ほどありますが、その中に毒性の強いものがあります。

 

臭素酸カリウムは特に毒性が高く、海外では使用禁止に指定されていることもあります。

 

日本でも使用禁止となったのですが、パンの場合焼きあがった時に残っていなければ使用が認められます。

 

パンを作る時に使ったけれども、焼きあがったパンに残っていなければ表示義務もない。

なんだか魔法のようですね。

スポンサーリンク

イーストと天然酵母の違い

天然酵母に対して、イーストというと人が作りだした添加物のように聞こえますね。

 

確かに工場で作られるイーストですが、もともとは自然界にある酵母です。

 

その中からパンを作るのに適した酵母を純粋培養しただけなのです。

 

【イースト】

イースト 天然酵母
(画像引用元:https://tomizawa-ec.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

野生種酵母の中からパン作りに適した単一酵母を純正培養したもの。

発酵する力が強く、安定した働きをするので、パンを大量に生産するのに適しています。

 

【天然酵母】

イースト 天然酵母 違い
(画像引用元:http://img09.shop-pro.jp

果物や野菜などについている野生酵母を培養したもの。

酵母の他に乳酸菌などのいろいろな微生物が含まれるので、独特な風味や香りがあります。

ゆっくりと発酵するので、温度管理や衛生管理が重要です。

イーストは体に良くないは嘘!天然酵母との違いを知って選ぼう!

パンを膨らませるイーストは体に悪くありません。

 

イーストを活発に活動させるために使われる、イーストフードに問題があります。

 

一括表示されるイーストフードなので、16種類のうちどれが使われているか、私たちにはわかりません。

 

しかし原材料にイーストフードとあれば、何かは使われています。

 

使われていないパンは少々お高いですが、あなたはどのパンを食べたいですか?

 

少量であっても、毎日食べていれば蓄積するかもしれません。

イーストフードだけでなく、乳化剤やショートニングなどの添加物の入っていないパンを選びたいですね。

 

早速パン売り場で原材料をチェックしてきま~す。

みなさんも違いを知ってパンを作る・食べてみましょう!

 

せばな~