を焼こう、お菓子を作ろうと思った時に「うっかり型がない」「買い忘れた」なんてことありますよね。

 

柔らかい生地をそのまま焼くことはできませんが、でも大丈夫。

実は家にあるこんなもので代用することができるんです。

 

ということで今回は、お菓子の型がない時の代用品を紹介したいと思います。

お菓子の型がない時の代用品は?

 牛乳パックでパウンドケーキが焼ける

家の中に使い終わった牛乳パックや、ジュースのパックでもOKです。

お菓子 型 代用
(画像引用元:http://sp.mobile-ghana.jp

綺麗に洗って乾かした牛乳パックの一辺を切り取ります。

元の上部にあたる注ぎ口を折りたたんで、ホッチキスで止めて長方形の形になります。

あとは牛乳パック全体をアルミホイルで包みます。

 

内部にクッキングシートを敷くと、焼けたケーキが取り出しやすくなります。

 

生地を流し込んで、170℃のオーブンで40分焼くと完成です。

 

使い捨ての焼き方はお土産など人目を気にする時に置いておいて、家で食べる時は牛乳パック型で十分です。

紙コップでカップケーキ

カップケーキを手土産に焼こうと思ったのに型がない、ときは紙コップを使いましょう。

お菓子 型 代用
(画像引用元:http://blog-imgs-49.fc2.com

そのままでは深い場合は、上部をカットして好みの高さにします。

中にアルミホイルを綺麗に敷いて、クッキングシートを入れます。

6~8分目まで生地を入れて、オーブンで焼けばそのまま持って行けます。

 

白い紙コップが味気ない時は、子どもにお絵かきしてもらってもいいですね。

世界に一つだけのカップケーキの完成です。

 

アルミホイルを敷いたときに、上から別の紙コップを重ねると、綺麗にアルミホイルが密着しますよ。

牛乳パックでクッキー型を代用

クッキーの型を使わなくても、丸型や四角型に作ってカットする方法があります。

 

しかし季節に応じた型で焼きたいな、と言う場合には牛乳パックで型を代用しましょう。

お菓子 型 代用
(画像引用元:http://yajibee.com

綺麗に洗った牛乳パックを切り開きます。側面を使ってハートや星などの形に整えます。

広げたクッキー生地に押しつけると、意外と綺麗に型抜きできます。

 

使い捨てできるのでいつでも綺麗な型で抜くことができますね。

お菓子の型がない時の代用品で牛乳パックは優れもの!

液体を入れている牛乳パックは丈夫でとっても優れものです。

 

焼くときに便利なだけでなく、水を漏らさない構造もお菓子作りには便利です。

 

ゼリーを流してそのまま固めたり、ババロアの型としても活用できます。

 

百均の焼き型や紙型を使っていましたが、家で食べるのなら牛乳パックが便利かも。

何と言っても洗わなくていい、使い捨てが便利ですよね。

 

せばな~