コーヒー好きの友人が最近紅茶を飲み始めました。

 

香りを楽しんでいるの中と思っていたら、そうではなくカフェインを減らすように言われたから紅茶を飲んでいるそうです。

 

コーヒーも紅茶もカフェインを含んでいますが、紅茶の方がカフェインが多いんじゃなかったっけ?

イメージ的にはコーヒーの方がカフェイン多そうですが、どっちが多いのだろう?

 

ということで今回は、コーヒーと紅茶、カフェインが多いのはどっちか調査したいと思います。


スポンサーリンク

コーヒーと紅茶でカフェイン量が多いのはどっち?

コーヒーのカフェイン

コーヒー 紅茶 カフェイン
(画像引用元:https://calori.jp

コーヒーも紅茶も沢山の種類があります。

厳密に比較するには、それぞれの豆と茶葉の産地などによって変ってきますが、今回はよく使われている種類で調べてみました。

 

豆の種類も大切ですが、実は抽出の仕方によってカフェインの量が大きく異なります。

 

100ml当たりのカフェイン量だと

  • ドリップコーヒー  40mg
  • エスプレッソ 212mg
  • 缶コーヒーブラック  56mg
  • 缶コーヒーミルク入り 65mg

エスプレッソがダントツにカフェインが多いですね。

しかし実際にエスプレッソを100ml飲む人は少ないです。

 

実際の量に変えてみると

  • ドリップコーヒー(150ml)  60mg
  • エスプレッソ(30ml) 63mg
  • 缶コーヒーブラック(165ml)  92mg
  • 缶コーヒーミルク入り(165ml) 107mg

ミルク入り缶コーヒーのカフェイン量がトップになりました。

紅茶のカフェイン

コーヒー 紅茶 カフェイン量
(画像引用元:http://www.hibari.jp

紅茶も沢山の茶葉がありますが、よく使われている紅茶で比較してみました。

 

100ml当たりのカフェイン量で、

  • 茶葉から抽出   20mg
  • ペットボトル(ストレート) 12mg
  • ペットボトル(ミルク入り) 19mg

意外と少ないですね、

 

実際に飲む量に変えてみると

  • 茶葉から抽出(150ml)   30mg
  • ペットボトル(ストレート)(500ml) 60mg
  • ペットボトル(ミルク入り)(500ml) 95mg

ペットボトルの量が大きいので、缶コーヒー並みのカフェイン量になりますね。

スポンサーリンク

比較条件で変わる?

コーヒー豆のカフェイン含有量は、豆の重量の09.~2%程度です。

紅茶のカフェイン含有量は、茶葉の重量の3%程度です。

 

これだけを見ると紅茶の方がカフェインが多いですね。

 

しかし実際にコーヒーカップやティーカップに淹れて楽しむとなると、紅茶の方がカフェインが少なくなります。

 

使う豆の量と茶葉の量が違うので、摂取するカフェイン量に差が出るのです。

 

そのため、

  • 茶葉と豆を100gあたりで比較すると、紅茶の方がカフェインが多い、
  • 実際にカップで飲む量を比較すると、コーヒーの方がカフェインが多い、

が正しいようです。

コーヒーと紅茶、カフェインが多いと気にしすぎず

いずれにしろ飲み過ぎが一番よくないので、友人には紅茶もいいけどほどほどにしないと結局カフェイン量は増えるよ、とアドバイスしておきました。

 

カフェインを減らして飲む方法もあるようですが、美味しく飲めるのが一番です。

 

みなさんも、カフェインをある程度気にするのは健康に気を使うとよいかもしれませんが、過剰に気にしすぎて本来の楽しみ方を忘れないようにしましょうね。

 

せばな~