白いご飯にお味噌汁。日本の食事だなぁ~

お米の消費量が減ってきたといっても、やはり普段の食事にはご飯が食べたい!

 

日本人にとって大切な主食、ご飯ですが、あなたはお米の正しい研ぎ方って知っていますか?

 

お米を洗ってご飯を炊く。

何気に毎日していることなのですが、意外と我流でしていませんか?

 

無洗米を使っているから洗う必要なし。

それもアリかもしれませんが、せっかくなのでお米の正しい研ぎ方と回数について紹介します。


スポンサーリンク

お米の正しい研ぎ方と回数は?

研ぎ方のポイント

せっかく美味しいお米があっても、洗い方が正しくないと美味しいご飯になりません。

正しい研ぎ方と言っても、ポイントは3つだけです。

ポイント1:最初は二回だけすすぐ

米 研ぎ方 正しい
(画像引用元:https://i.ytimg.com

お釜にお米を入れたら、たっぷりのお水を入れてさっとかき混ぜてすぐに水切りします。

これを2回、繰り返しましょう。

 

乾燥しているお米は、1回目の水をすぐに吸い込みます。

 

水道水でも構いませんが、浄水器などのちょっといい水を使ってもいいですね。

ポイント2:研ぐのは20回でOK

米 研ぎ方 回数
(画像引用元:https://i.ytimg.com

水切りしたお米を研ぎます。

 

猫の手の様に指を丸めて、指の間を空けます。

シャカシャカと音がするように、手早く20回研ぎます。

 

釜の下に汚れた水が溜まるので、水道水を二回入れてさっとすすぎます。

ポイント3:10回研いだらすすいで完成

再度10回ほどさっと研いで、水道水で2回すすげば完成です。

 

まだ水が濁っているように感じるかもしれませんが、これはお米のでんぷん質です。

 

透明になるまですすぐと、せっかくの旨味がなくなってしまいます。

スポンサーリンク

やってはいけない研ぎ方

お米の汚れを取るのだからと、力いっぱい手のひらを押しつけてお米を洗ってはいけません。

 

精米の技術が向上しているので、お米にぬかはそれ程残っていません。

 

表面の汚れやほこりを軽くとる程度でOKです。

きつく擦りすぎると、お米が割れてしまいます。

 

洗うのだから、と水の入った釜の中でお米を研がないでください。

米 研ぎ方 正しい
(画像引用元:http://coikijoho.com

水が邪魔をして上手にとげません。

 

何より洗っているその水をお米が吸い込んでしまうので、イヤな臭いや臭みが込めに残ってしまいます。

 

寒い季節だからといってお湯で洗うのもやめましょう。

ご飯の風味が落ちてしまいます。

水仕事がつらい時期だけ、無洗米を使うのもいいですね。

 

浸水させるのは2時間程度で十分です。

それ以上浸水させていると、炊く前からお米が柔らかくなりますよ。

お米の正しい研ぎ方と回数は現代で違う

主食のお米の研ぎ方は、親から子へ伝えられることが多いようです。

 

昔はしっかりと米を洗わないとぬか臭いご飯になったのですが、精米技術の向上で今の米にはぬかはそれ程ありません。

昔のようにしっかりと洗う必要がないのですね。

 

1年以上前の古米はしっかりと洗う方がいいのですが、新米や精米したてのお米は優しく洗ってください。

 

これなら子どもでもできるので、早速子ども達にも正しい研ぎ方を教えてあげようかな。

 

みなさんも現代の米に合わせた研ぎ方をしましょう。

 

せばな~