お正月の楽しみと言えば、お餅。

最近は自宅でお餅を作る人も減ってきましたが、やっぱり搗き立てのお餅は美味しいです。

 

しかし、誤って3日後に思い出したら餅が固くなってしまいました…

 

そんな固くなったお餅を柔らかくする方法ってあるのでしょうか?

 

ということで今回は、固くなった餅を柔らかくする方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

餅が固くなったら?柔らかくする方法

レンジでチン

餅 固くなった
(画像引用元:https://fun.takeda.site

市販されている切り餅や丸餅はレンジでチンすると柔らかくなりますね。

 

同じく、自宅で硬くなってしまった餅は、水分が不足しているので適度に水分を補給してからレンジでチンします。

 

【やり方】

①耐熱皿に餅を入れて、餅が浸かる程の水を入れます。
②ラップをせずにこのままチンしましょう。
③固さの具合によって時間が変わります。
④1~2分チンしてみて、様子を見ましょう。
※最初から長時間チンすると、餅が伸びきってしまいます。

茹でる

餅 固くなった
(画像引用元:http://www.daiei.co.jp

時間のある人は、水の中に入れてゆっくりと茹でましょう。

 

中まで柔らかくなったらきな粉をまぶして、きな粉餅にしましょう。

 

お雑煮やおぜんざいも美味しいですね。

大きな餅は叩いて小さく

鏡餅など大きな餅が固くなった場合、チンするのも茹でるのも難しいですよね。

 

そんな時は、まず叩いて小さくします。

 

包丁は危険なので、金づちなどで叩いていきましょう。

 

ひび割れているのなら、そこを手掛かりに割って行くといいですね。

 

頑固なお餅の場合は、水にひと晩漬けてから割りましょう。

 

いくつかのブロックに分けることができたら、レンジでチンしたり、茹でたりして食べられますね。

スポンサーリンク

小さなかけらは揚げる

叩いてブロック状にした固い餅はいいのですが、小さな欠片はどうしましょう?

 

そんな時はそのまま油で素揚げします。

餅 固くなった
(画像引用元:http://www.shio-ya.com

160℃位の低温でゆっくりと揚げると、だんだん花が開くように開いてきます。

 

揚げ餅になるので、さっと塩を振って食べると美味しいですよ。

餅が固くなったら?柔らかくする方法のコツは水分補給?

餅が固くなるのは、中の水分がなくなっているからです。

 

柔らかくするためには、水分を補給してあげましょう。

 

薄揚げの中に入れて、餅巾着にしておでんと一緒に炊いても味がしみ込んで美味しいですね。

 

我が家でも1月も半ばになってきたら、ぜんざいや餅巾着にして固くなったお餅を食べています。

 

この時期ならではのご馳走なので、最後まで美味しくいただきたいですね。

 

せばな~