皆さん親子丼はすきですか?

自分はあのフワフワで半熟な卵が乗った親子丼は大好きです!

あれをずるずるっとかきこんで食べるのが良いですね。

 

そんな親子丼ですが、いざ自宅でやってみるとお店のように卵が半熟にならず固まって、ふわふわにならなかった経験はありませんか?

今回はそんな悩みを解消する、親子丼を半熟ふわふわに卵をとじる方法をまとめて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

親子丼を半熟ふわふわでとじる方法は?コツをまとめて紹介!

親子丼半熟コツ

簡単そうに見えて、実は難しい親子丼。

自分も作ってみたが、味は美味しいが卵が固まってお店のように美味しそうに見えなかった経験がよくあります。

しかし、コツを調べると本当に簡単なことを守れば卵が半熟ふわふわにできます。

 

ちなみに親子丼一人分で卵2~3個ぐらい使うのがおすすめです。

親子丼、半熟ふわふわのコツ~入れたら混ぜすぎない~

出汁と具材が入った中に、卵を入れる際は混ぜすぎないようにすることです。

大体10回以内で、混ぜるのは白身を切るように箸を動かすだけです。

 

卵の白身の40種類の様々なタンパク質が含まれていて固まる温度が異なります。

そのため、あまり混ぜすぎないことで、様々な食感とふわふわ感をだせます。

親子丼、半熟ふわふわのコツ~卵は二度入れ~

やはりふわふわにするには、卵に火を通しすぎるのは禁物!

それを防ぐために溶き卵を2回に分けて入れます。

 

最初は4分の3の割合を入れて、卵の外側が固まったら残りの4分の1を入れてすぐ火を止めます。

あとは蓋をして蒸らして、お好みの半熟具合になったら完成です。

スポンサーリンク

親子丼、半熟ふわふわのコツ~黄身と白身を分ける~

黄身と白身をあらかじめ分けて、具材に火が通ってから白身を入れて、白身が固まってきたら黄身を加える事で、白身と黄身が均等に半熟で黄身もトロトロになります。

 

実は黄身は白身より早く固まるので、両方入れると均等に固まってくれません。

ですので、後で入れることで黄身が先に固まるのを防ぎます。

 

半熟で黄身もトロトロで食べたい方はおすすめです。

とじ方のコツと方法が分かれば誰でも!半熟ふわふわの親子丼ができる!

親子丼をふわふわにするには意外と方法は楽ですので後は、好きな親子丼によって使い分けてください。

 

これで、皆さんも半熟ふわふわの親子丼が自宅で味わえることを祈っています!

自分もいろいろ試して究極の自宅親子丼を完成させたいです!

 

せばな~