子どもに嫌いな野菜は何?

と聞いたら、ピーマンは第一位ではないでしょうか。

 

私も子どもの時は苦手でした。

 

大人になるにつれ食べられるようになりましたが、苦手な理由は、独特の臭みと苦みではないでしょうか。

 

栄養価の高い野菜なので、子どもには食べてほしい。

 

今回は、子どもも食べられるようにピーマンの臭みを抑える・消す方法をちょっと調べてみました。


スポンサーリンク

臭いでも?子供の苦手No1ピーマンの臭みを抑える・消す方法まとめ!

縦に切るだけで臭わない?

ピーマン 臭い

ピーマンの繊維は縦に沿っています。

 

繊維に沿って縦に切った方が、青臭い成分が揮発せず、臭いを感じにくくなります。

においセンサーで調べた結果、縦切りは28、横切りは61という結果が出ました。

 

食感もシャキシャキとして、美味しく感じますね。

 

繊維を壊さないように切った方が、細胞を壊さず臭わないのですね。

輪切りにすると可愛いのですが、食べ慣れるまでは縦切りにしましょう。

ヘタが六角形のものを買う

あまり注目しないのですが、ピーマンのヘタを見てください。

 

五角形のものと六角形のものがあるの、知ってました?

形の整ったもの、大きいものを選んでいましたが、ポイントはヘタです。

 

一般的に角が多い=栄養が多く甘い、そうです。

 

糖度センサーで調べてみると、五角形2.8に対し、六角形4.3の結果が出ました。

 

ばら売りの時は六角形のものを選びましょう。

子どもに選ばせてみるのも楽しいですね。

油を通して臭いを抑える

ピーマンの苦みの正体はアルカロイドの一種で、油に溶ける性質があります。

中華料理では、よくピーマンを炒めていますね。

 

油を通したピーマンのアルカロイド量は何と70%も減り、苦味が抑えられると同時に臭みも和らぎます。

 

これでまた食べやすくなりますね。

スポンサーリンク

パプリカはビーマンの仲間

カラフルなパプリカがスーパーに並んでいますね。

パプリカもピーマンも同じ唐辛子の一種なのですが品種が違います。

 

パプリカもカラフルになる前は緑色です。

緑のピーマンと比べると、肉厚で甘みがあり、栄養もあります。

 

臭みも少なく食べやすいですが、ピーマンよりも高価です。

 

子どもにピーマンを食べられた、と自信を持たせるためには、パプリカを活用するのもいいですね。

食育?ピーマンの臭みを抑えて・消す方法よりだけでなく育てる?

我が家の長男はピーマンを嫌がりますが、次男はパクパク食べています。

 

同じ料理を出しているのにこの違い。

本人の気分と好みもあるのでしょうね。

 

縦切りをして、油を通してにおいを抑えても、目に見えるだけで食欲がなくなる子どももいます。

 

食べ物に興味を持たせるために、プランターでピーマンを育ててみるのはどうでしょうか?

 

子どもの好きなミニトマトの苗も買って、プランターに植えてみましょう。

毎日水をあげて世話をしていると、愛着がわくかもしれませんよ。

 

初夏に花屋さんやスーパーでも売られているので、食育もかねて育ててみてください。

 

せばな~