食欲の秋到来で、この時期に無くてはならないものの1つに「さつまいも」がありますよね。

 

中身が見えないので、切ってみたら黒く変色したり斑点が合った事はありませんか?

 

そんな斑点があったり、黒く変色したさつまいもは食べられるのでしょうか?

 

ということで今回は、さつまいもが変色している場合に食べられるのかどうか調べていきたいと思います。


スポンサーリンク

さつまいもが黒い斑点や緑色と変色しても食べられる?

皮に黒い塊

さつまいも 変色
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

さつまいもの皮に黒くて硬い焦げのようなものがついているのに出会った事はありますか?

 

実はこれ、さつまいもを切った時に出てくる白い液体「ヤラピン」が固まったもの。

 

ヤラピンは甘いさつまいもほど多く含まれていて、ほんの少しの切り口や傷を保護するために浸出してきて黒く固まって傷をふさぎます。

 

人間のかさぶたのような感覚ですね。

 

食べた時には固いと感じる事が多いですが、この黒い塊があるさつまいもは甘いという証拠です。

 

黒く固まってしまっている部分だけ取り除いて美味しく頂きましょう。

切ったら黒い斑点

さつまいも 変色 黒
(画像引用元:https://image.space.rakuten.co.jp

カビと心配する方も多いかもしれませんが、黒い斑点はアクの場合がほとんどです。

 

根菜には必ず含まれていて、切ってから時間を置くと更に増えてくるのがわかると思います。

 

切ってすぐに水に晒してアクを抜くと黒く変色することも少なくなります。

 

両端の部分と皮の近くは特に筋っぽい繊維とアクが多くなるので、端は落とす、皮は厚めに剥くと良いですね。

緑色に変色

さつまいも 変色 緑
(画像引用元:http://健康・美容・恋愛・料理.xyz

火を通した後のさつまいもでも、変色する事があります。

 

私たちが想像するさつまいもは黄色っぽい色なので、茹でたさつまいもが緑色になっていたらびっくりしますよね。

 

これは、さつまいもに含まれる「クロロゲン酸」という成分がアルカリ性の食品などと反応して起こる化学変化です。

 

緑色が濃い場合は黒っぽく見える事もあるようです。

 

クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、見た目はちょっと気持ち悪いけれど体の事を考えたらぜひ食べておきたいですね。

スポンサーリンク

切ったさつまいもが全体的にくすんでいる

さつまいも 変色
(画像引用元:https://multimedia.okwave.jp

さつまいもの保存適正温度は13~16℃。

冷蔵庫で保存したり、家の中でも寒い場所に置いておくとすぐに適正温度より下回ってしまいます。

 

こういった適正温度よりも低い状態で保存していると、低温障害が起こって中の黄色の部分が全体的に茶色くくすんでしまいます。

 

茶色く変色してしまったさつまいもを食べても、身体には影響はありませんが、味が落ちてしまうのは否めません。

 

一部分の場合はその部分だけ落として、全体の場合はスープやサラダなどに混ぜていただくと良いでしょう。

さつまいもが黒い斑点や緑色と変色しても食べられる!

まさかカビや病気なのでは…と思ってしまう変色。

いつも泣く泣く処分してしまっていたのですが、とてももったいない事をしていたのですね。

 

これからはきちんと見極めをして、食べられるものはちゃんも食べてあげたいと思います。

 

みなさんもさつまいもの変色は良いものか悪いものか判断できるようになって、美味しく調理して食べましょう!

 

せばな~