先日料理本を見ていてふと思ったのですが、フリッターの衣に使われる材料は天ぷらとほとんど同じ!

 

いったい天ぷらとフリッターに違いはあるのでしょうか?

 

ということで今回は、天ぷらとフリッターの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

天ぷらとフリッターの違いは?

天ぷらとは?

天ぷら フリッター
(画像引用元:http://www.nisshin.com

天ぷらは日本料理で、薄力粉と水、卵を軽く混ぜた衣を具材に付けて油で揚げるお料理です。

魚介類や野菜などを具材にします。

 

サクッとした食感に重点が置かれるので、衣を作る時には小麦粉のグルテンを出さないように冷たい水で軽く混ぜ合わせます。

天ぷら フリッター 違い
(画像引用元:http://www.daiei.co.jp

衣には味付けをせずに塩や天つゆなどで味をつけていただく事が多いですね。

 

細かく切った野菜や魚介を混ぜ合わせて衣をつけた「かき揚げ」や、衣に青のりを混ぜた「磯部揚げ」、どんぶりやおむすびなどにも応用される日本を代表するお料理の一つですね。

 

ちなみに天ぷら、天麩羅、天婦羅などとも表記されます。

スポンサーリンク

フリッターとは?

天ぷら フリッター
(画像引用元:http://www.kikkoman.co.jp

フリッターは西洋料理で、薄力粉に牛乳と卵黄をしっかりと混ぜ合わせて、卵白のメレンゲを軽く混ぜ合わせた衣を具材にまとわせずに油で揚げます。

魚介類や肉類、野菜の他に果物なども具材に使用します。

 

サクッとした歯ざわりはもちろん、モチモチした食感も求められるので衣を作る時に粉と水分を良く混ぜ合わせて冷蔵庫で寝かして小麦粉のグルテンを引き出します。

天ぷら フリッター
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

衣自体に塩や香辛料で味付けをすむ物も多いですが、味付けをせずにソースを付けて楽しむ物もあります。

 

エビのチリソースなどの下ごしらえとして調理されたり、リンゴやパイナップルを揚げたおやつ感覚のアレンジもされ、世界各国で利用される調理方法です。

 

ちなみに、フリッター、フリット、フリトー、洋風天ぷらなどとも呼ばれます。

天ぷらとフリッターの違いは衣の作り方

材料だけを見ると小麦粉に卵と大差なく感じましたが、衣を作る工程を見たら大違い!

食感にも大きな差ができるのも納得ですね。

 

同じような物だと思ってしまった自分が恥ずかしいです。

 

これからはちゃんと違いを理解したので間違わずにお料理できそうです!!

 

せばな~