値段も安くお手頃価格といば鶏肉ですよね!

特に鶏胸肉なんか安くて大量に買えてお得ですが、いかんせん料理に使ったらパサパサで美味しくない事が多いですよね~

 

自分も良く安くてよく買いますが、どうやって鶏胸肉を調理すれば柔らかくなるか考えものです。

 

そんな鶏肉ですが、特に鶏胸肉をどうやったら柔らかくなるか?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

鶏肉を柔らかくする方法まとめ!こんな下処理方法で鶏胸肉が柔らかく!

鶏胸肉 柔らかく

鶏肉といば、タンパク質が豊富で筋肉のなる成分がたっぷりです。

また、脂肪分が少なくてダイエットにもピッタリ!

 

特に鶏胸肉はビタミンKやビタミンB6が多く含まれていて、

ビタミンKは血や骨を作ってくれるので骨粗鬆症の予防にもなり、

ビタミンB6は筋肉や血液を作ってくれる栄養素で、特に鶏胸肉は筋肉をつけるのに最適です。

鶏肉を叩く

鶏肉を叩くことで鶏胸肉を柔らかくする効果があります。

 

綿棒等で叩き、袋に鶏肉を入れた状態ですと叩きやすいです。

ただ鶏肉自体が平べったくなるので、ブロック上の料理には向きません。

塩と砂糖を溶かした水に漬ける

フォークで胸肉を刺して穴を開けて、塩と砂糖を溶かした水に漬けます。

 

そうすることで刺した穴に塩と砂糖を溶かした水が入って水分が抜けたパサパサ感がなくなります。

この方法はどの料理にも使えますね。

酒と塩で揉み込む

こちらも同じでフォークで胸肉を刺して穴を開けて、ビニール袋等に入れていおいた酒と塩に鶏胸肉を入れます。

 

そしてビニール袋を揉み込み、鶏胸肉に水分を行き渡らせてパサパサ感を無くすことが出来ます。

スポンサーリンク

塩と重曹を溶かした水に漬ける

こちらも同じ方法ですが、今度は塩と重曹を溶かした水に漬け込むだけです。

 

方法もフォークで刺したり、揉み込んだいりと手間もいらず、好評のようです。

片栗粉をまぶして焼く

鶏胸肉を切ったあとに片栗粉をまぶして、鶏胸肉にコーティングを施すことで焼いた時に水分を逃さないようにすることが出来ます。

 

炒め物の料理に使えて、特に鶏肉についた片栗粉がいい感じ溶け出してあんかけ風にもなります。

しかしシチュー等の汁物には向きません。

鶏肉を柔らかくする方法!鶏胸肉をパサパサにしない方法は下処理が大事!

今回、鶏肉で特に鶏胸肉のパサパサ感を無くして柔らかくする方法を調べましたが、どれも下処理の方法で決まるようです。

今のところ、一番楽そうで料理の汎用性が効くのは「塩と重曹を溶かした水に漬ける」そうですね。

 

自分が実践したのは「片栗粉をまぶして焼く」をしたことが有りますが、プリプリになるので炒め物でしたらおいしくなりますよ!

 

少し一手間を加えるのは面倒かもしれませんが、こういった事でおいしくなれば特に食べてくれる人が喜べは嬉しいものです。

それに、鶏胸肉は安いですしお財布に優しいです!

 

そんな家計に助けになる鶏胸肉は上手く利用して味方につけましょう!

 

せばな~