今回では宅配の介護食の中でも特に高級な介護食をご紹介します。

 

栄養バランスのとれた介護宅配食はいろいろありますが、たまには高級な食事を楽しみたい時もありますよね。

ご当地グルメや専門店の味を楽しみたい方にはわんまいるがおススメです。

基本セットはもちろん、ちょっとこだわりの食事も楽しみたい方はぜひお試しください。

スポンサーリンク

高級な介護食宅配おすすめはわんまいる!

わんまいるがおすすめの理由

介護食は栄養士や調理師がいろいろと考えて工夫されたメニューが多いですが、わんまいるは元辻調理師学園講師でサンフランシスコ日本国領事館公邸料理人を務めた、近藤一樹氏に調理指導をいただいて高級感が味わえます。

介護食 宅配 高級
(画像引用元:https://www.affiliate-b.com

近藤一樹氏と言えば「どっちの料理ショー」でも出演回数100回を誇る大ベテランです。

味や調理方法はもちろん、材料のカットの方法まで素材を100%生かす知恵が料理には込められてます。

 

そのため、介護食と言ってもベテランの料理人が作った高級な料理としておすすめなのです。

わんまいるのメリット

わんまいるの特色としておススメしたいのが、料理が個包装で冷凍されている点です。

介護食 宅配 高級
(画像引用元:https://xn--nck1bp3gsc7e6431c02sc.com

他の宅配冷凍弁当は、1食分がトレーに入って冷凍されていることがほとんどです。

自分でおかずの組み合わせを変えたりすることができません。

 

しかし、わんまいるは主食も副食もそれぞれ個包装されているので、その日の気分に合わせて献立を組み立てることができるのです。

わんまいるのデメリット

主菜1品と副菜2品が1食として届けられるわんまいるの介護食。

例えば5食セットを注文した場合、主菜5品と副菜10品が届くのですが、それぞれ1品づつ冷凍パックされているので、好きにメニューを組むことができます。

基本のメニューは提案されていますが、いろいろある中から選んで組み合わせるのが面倒な方にはちょっと手間だと感じるかもしれませんね。

 

また解凍した料理を好きな器に盛りつけて料理を楽しめますが、洗いものが増えると思えば面倒に感じる人もいるかもしれません。

わんまいるのメニュー

初めての方は、初回限定お試しコースがおススメです。

国産食材を100%利用し、1食平均400kcal以下、塩分2.5g以下ながら美味しく食べる事が出来ます。

介護食 宅配 高級
(画像引用元:https://hotoke.xyz

 

定期コースも、週に1回のお届けや2週に1回のお届けも可能です。

わんまいる特有のメニューとして有名ホテル&専門店の味があります。

季節によってメニューは変りますが、一例を紹介します。

わんまいるの季節メニュー
  • 青森県産帆立貝の炊き込みご飯
  • 神戸南京町「皇蘭」の手作り豚まん
  • 石見ポークの豚汁
  • 境港産紅ずわいがにのちらし寿司
  • 京のだし巻き
  • 京都桂茶屋 丹波産黒豆のおこわ
  • 陳建一の中華各種(本格八宝菜、エビのチリソースなど)

 

この他にもご当地グルメや和・洋菓子なども選ぶことができます。

わんまいるの使い方・方法

電話で注文することもできますが、季節に応じてメニューが変わるのでWEBでの注文がおススメです。

ご注文方法
  1. 初めて利用される方は会員登録をしてログインします。
  2. 欲しい商品と数量を選んでカートに入れるボタンをクリックすればOKです。
  3. 希望の商品をすべてカートに入れたら、「ご購入手続きに進む」をクリックして配達時間や支払い方法を選びます。
  4. 「注文内容を確定する」ボタンをクリックすれば注文確定です。

 

注文から1週間くらいで配達されますよ。

わんまいるの料金

初回限定の健幸ディナー5食セットは、通常4,260円のところ初回限定価格3,223円(税込み)で利用可能です。

1食当たり約696円(税込み)でお一人様3セット限定です。

 

初回セットでご満足いただけたら、次からは5食セット4,260円(税込み)や定期お届け会員様になると、5食セット3,686円(税込み)で利用できます。

介護食 宅配 高級
(画像引用元:https://i1.wp.com

 

高級な介護食宅配の選び方

自宅でゆっくりと過ごしながら、高級ホテルや専門店の味を楽しんだり、ご当地グルメを楽しめるのは嬉しいですよね。

しかし高級な食事も毎日では飽きてしまいます。

普段は定期コースの料理を楽しんで、たまには高級な食事を楽しむのはいかがでしょうか。

 高級な介護食のポイント

定期的なメニュー以外にこだわりの食事だったり、有名店の味を楽しめたりするのが高級な介護食です。

 

栄養士さんがカロリーや塩分などを計算して、美味しく作られている介護食なので、毎日食べても飽きない工夫がされています。

でもたまにはちょっと高級な食事を楽しみたいな、と感じることもありますよね。

 

わんまいるなら定期セット以外にご当地グルメや有名店の味を楽しむことができます。

高級な介護食も楽しみたいわ、と思う方にはわんまいるがおススメです。

介護食の区分

介護食には高齢者の「噛む力」「飲み込む力」に合わせて、硬さや粘度で区分されています。

そのため、まず介護される方の「噛む力」「飲み込む力」を知り、どの区分に属しているのか知る必要があります。

 

そんな硬さや粘度で区分は、市販の介護食に多い、ユニバーサルデザインフードの区分を説明していきたいと思います。

ユニバーサルデザインフードの区分
  • 区分1 容易にかめる
  • 区分2 歯茎でつぶせる
  • 区分3 舌でつぶせる
  • 区分4 かまなくても良い

 

それでは、下記にてユニバーサルデザインフードの区分を紹介していきます。

介護食の区分1 容易に噛める

飲み込む力は問題なく、硬いものや大きいものが食べづらい程度であれば、ほぼ通常の食事が食べられる方用の介護食のことを指します。

  • 飲み込む力の目安:飲み込む力は問題なし
  • 噛む力の目安:硬いものや大きいものが少し食べづらい程度

 

介護食の区分2 歯茎でつぶせる

食べ物によって飲み込みづらい食べ物があり、区分1よりやや柔らかめのご飯やおかずが必要で、歯のない方が入れ歯を外しても簡単につぶせる柔らかさの介護食を指します。

  • 飲み込む力の目安:食べ物によって飲み込みづらい
  • 噛む力の目安:硬いものや大きいものが食べづらい

 

介護食の区分3 舌でつぶせる

水やお茶等の水分が飲み込みづらいこともあり、ご飯をお粥、おかずにとろみををつけたりと、舌で簡単につぶせるぐらいの柔らかく、原型がほとんど無くなる介護食を指します。

  • 飲み込む力の目安:水やお茶等の水分が飲み込みづらいこともある
  • 噛む力の目安:細かく柔らかければ食べれる

 

介護食の区分4 噛まなくても良い

食事の固形物が飲み込みづらく、ご飯はミキサー、おかずも粒がないペースト状であることが必要がある方用の介護食を指します。

  • 飲み込む力の目安:固形物は小さくても食べづらい
  • 噛む力の目安:水やお茶がのみづらい

 

介護食の種類

介護食は柔らかくする方法として5つの種類があります。

そこで今回は柔らかくする方法として5つの種類を以下に説明していきます。

ミキサー食

食べ物をミキサーにかけて液体状にしたもので、食べ物を噛むことできない人、嚥下障害がある人、寝たきりの人に向いています。

ミキサー食は噛む必要がなく、飲み込むだけなので、消化器官への負担が軽減でき、液体状なので素早く栄養が吸収できるメリットがあります。

流動食

重湯や具なしのスープ、葛湯、果汁等の液状の食事で、咀嚼や嚥下力が落ちている人、病気で消化吸収力が弱っている人に向いています。

流動食はミキサー食よりもさらに消化器官への負担がかからない食事です。
ただ、ミキサー食に比べてエネルギーや栄養素が少ない点がデメリットです。

ソフト食

歯茎や舌で簡単につぶせる程度の柔らかさに調理した食事で、歯がない人や入れ歯の人に向いています。

普通の食事よりも長く煮込んだり炊いたりして柔らかくし、歯がない人が噛まなくても良い程度までソフトに仕上げた食事にしています。

とろみ食(ゼリー食)

食材を柔らかくして細かく刻んだものに、片栗粉やくず、市販のとろみ剤でとろみをつけたり、ゼラチンでゼリー状にした食事で、飲み込む力が弱い人や嚥下障害がある人に向いています。

とろみ食(ゼリー食)はのどごしが良いので、飲み込む力が弱くてもつるん・スッと

きざみ食

食べ物を調理前に細かくカットしたり、刻んだりしたもので、飲み込む力はある程度ありながら、入れ歯等で噛みにくいという人に向いています。

野菜は煮込む前に細かく刻み、肉は調理後に刻んだりと文字通り刻み、魚は焼いた後に骨を取り除いてから潰してペースト状にします。

介護食宅配の費用

介護食宅配の費用は様々ですが、以下の宅配サービス業者の値段は以下となっています。

介護食宅配サービス名 通常料金 定期料金 送料
やわらかダイニング ちょっと柔らかめ宅配食
7食:4600円
14食:9100円
21食:13500円
かなり柔らかめ宅配食
7食:5200円
14食:9900円
21食:14800円ムースやわらか宅配食
7食:5200円
14食:9900円
21食:14800円
ちょっと柔らかめ宅配食
7食:4600円
14食:9100円
21食:13500円
かなり柔らかめ宅配食
7食:5200円
14食:9900円
21食:14800円ムースやわらか宅配食
7食:5200円
14食:9900円
21食:14800円
初回無料
通常:700円
定期:350円
わんまいる お試しコース(5食)3223円
通常コース(5食)4260円
5食:3686円 通常850円(税込935円)
※北海道、沖縄県への配送:1,950円(税込2,145円)
つるかめキッチン 糖質制限気づかい御膳
7食:6680円
14食:12700円
21食:19046円
塩分制限気づかい御膳
7食:6680円
14食:12700円
21食:19046円たんぱく&塩分制限気づかい御膳
7食:7100円
14食:13500円
21食:19900円カロリー制限気づかい御膳
7食:6680円
14食:12700円
21食:19046円つるかめバランス栄養御膳
7食:6450円
14食:12200円
21食:17950円つるかめやわらか御膳
7食:6900円
14食:13100円
21食:19300円
糖質制限気づかい御膳
7食:4800円
14食:9100円
21食:13300円
塩分制限気づかい御膳
7食:4800円
14食:9100円
21食:13300円たんぱく&塩分制限気づかい御膳
7食:5100円
14食:9700円
21食:14200円カロリー制限気づかい御膳
7食:4800円
14食:9100円
21食:13300円つるかめバランス栄養御膳
7食:4600円
14食:8800円
21食:12900円つるかめやわらか御膳
7食:4900円
14食:9400円
21食:13800円
無料
食宅便 おまかせコースA、Bセット(7食):3920円
低糖質セレクトA、B(7食):3920円
塩分ケア おかず7食A、B:4340円
カロリーケア1200 おかず7食A~E:4340円
カロリーケア1600 おかず7食A~E:4340円
たんぱくケア おかず7食A~G:4340円
やわらかい食事(あいーと)A、B、Cセット:4406円
おまかせコースA、Bセット(7食):3920円
低糖質セレクトA、B(7食):3920円
塩分ケア おかず7食A、B:4340円
カロリーケア1200 おかず7食:4340円
カロリーケア1600 おかず7食:4340円
たんぱくケア おかず7食:4340円
やわらかい食事(あいーと)A、B、Cセット:4406円
390円
※代金引換払いは1梱包(2セットまで)につき代金引換手数料320円
いたわり食堂 7食セット:5200円
14食セット:10200円
21食セット:15000円
7食セット:4500円
14食セット:8800円
21食セット:12900円
初回:無料
単品注文:700円
定期便:350円
まごころケア食 健康バランス
7食セット:3980円
10食セット:5200円
14食セット:6480円
21食セット:9480円カロリー調整食
7食セット:3980円
14食セット:6480円
21食セット:9480円糖質制限食
7食セット:3980円
14食セット:6480円
21食セット:9480円塩分制限食
7食セット:3980円
14食セット:6480円
21食セット:9480円たんぱく調整食
7食セット:4200円
14食セット:6880円
21食セット:9880円やわらか食
7食セット:4600円
14食セット:7880円
21食セット:11480円
健康バランス
7食セット:3800円
10食セット:5020円
14食セット:6300円
21食セット:9300円カロリー調整食
7食セット:3800円
14食セット:6300円
21食セット:9300円糖質制限
7食セット:3800円
14食セット:6300円
21食セット:9300円塩分制限
7食セット:3800円
14食セット:6300円
21食セット:9300円たんぱく調整食
7食セット:4020円
14食セット:6700円
21食セット:9700円やわらか食
7食セット:4420円
14食セット:7700円
21食セット:11300円
無料
※沖縄県及び一部地域を除きます
ワタミの宅食ダイレクト 塩分カロリーケアコース(4食):2224円
おまかせコース(4食):2668円
塩分カロリーケアコース(7食):3500円
おまかせコース(4食):4200円
お試しセット:無料
定期購入:全国一律 800円

 

わんまいるの料金は決して安いわけではありません。

しかしセットコース以外にもご当地グルメや有名店の味を楽しむことができるので、介護食の選択肢が豊富で、普段の食事や気分を変えて有名店の味を楽しむなどいろいろな楽しみ方があります。


介護食宅配の注意点

賞味・消費期限を守って食べる

介護食は高齢者向けの食事なので特に食中毒に細心の注意を払っていますが、賞味・消費期限を超えると危険ですので、期限を守って食べて下さい。

また、食べきれずに残りがもったいないと、保存して後で食べようと取って置く場合がありますが食中毒の原因になるので辞めて下さい。

 

冷凍すれば期限を過ぎても大丈夫ではないで、必ず賞味期限を確認してください。

料金は送料を合わせた値段で考える

宅配弁当サービスによっては、弁当自体が安くとも、配送料・手数料がかかり、実際に払う料金が高くなる場合があります。

 

お弁当だけでなく、トータル金額で考えるようにしましょう。

手数料などを加えると、意外と高いお弁当になる可能性もあります。

計画的に注文する

注文してから家に届くまで何日かかるかも大切です。

翌日に届くお弁当から、数日後に届けられるお弁当もあります。

 

食べるペースと納品のペースを考えて、余裕を持って注文するようにしたいですね。

柔らかい介護食まとめ・感想

わんまいるでは、通常のおすすめコースと有名ホテル&専門店の味やご当地グルメを追加で選ぶことができます。

 

1品づつ個包装されているので、気分に合わせて組み合わせを自分で楽しむことができるのもいいですね。

 

まずは初回お試しセットでわんまいるの味を試してみてはいかがですか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません