最近海外セレブや芸能人の間で話題になっている「17日間ダイエット」はご存知ですか?

 

食べてはいけないダイエットではないので、ストレスにならずリバウンドの心配もないという画期的なダイエット方法だそうです。

 

そんな、17日間ダイエットのやり方・効果は?

 

ということで今回は、17日間ダイエットとはどのようなダイエットなのか調べてみたのでご紹介します。


スポンサーリンク

17日間ダイエットの方法・やり方は?食事メニューは?

17日間ダイエットとは

17日間ダイエットは17日ごとの食事サイクルを用いて体質改善を行うことで、健康的で太りにくい体になるダイエット方法です。

17日間ダイエット方法 やり方
(画像引用元:https://womagazine.jp

 

アメリカのマイケル・R・モレノ医師が考案したダイエット方法なのでモレノ式ダイエット、モレノ式17日間ダイエットなどとも呼ばれています。

 

17日間を基本にした4つのサイクルごとに食事内容を変えることで太りやすい体質を改善するダイエット方法です。

 

食べないダイエット法ではないので辛いストレスもなく、リバウンドすることもなくダイエットができます。

 

最初の17日間だけでかなり体重が落ちるので、その後のダイエット期間のモチベーションも高まるのが特徴です。

17日間ダイエットのやり方

17日間ダイエットは17日間ごと「促進期」「活性期」「確立期」「達成期」の4つのサイクルで食事の制限をします。


【促進期】

最初の17日間は体内の糖と毒素を排出するために脂肪の少ないタンパク質と糖質が少ない野菜、ヨーグルトやチーズ・キムチなどの発酵食品、魚やオリーブオイルなどの良質な油脂だけを食べます。

17日間ダイエット方法 やり方
(画像引用元:https://cancam.jp

 

さらにりんご、ベリー類、柑橘類など糖質の低い果物であれば1日に2回までは食べていいそうです。

 

朝ごはんの一例として、鶏ハムのサラダにほうれん草のおひたし、いちごヨーグルトにコーヒーなどです。


【活性期】

次の17日間は促進期の食材に、炭水化物を1日2回までと赤身のお肉や甲殻類を追加します。

17日間ダイエット方法 やり方
(画像引用元:https://cancam.jp

活性期のお昼ご飯の一例として、玄米ご飯、豚ヒレ肉のしゃぶしゃぶサラダ、あさりの味噌汁などがオススメです。


【確立期】

次の17日間が、この時期には炭水化物の制限もゆるくなり、デンプン質の野菜や糖分の多い多い果物なども食べられるようになりますが、炭水化物は14時以降は食べないようにします。

 

もし、最初の17日間の促進期で目標体重に達した場合は活性期を飛ばして確立期の食事をしても構いません。

 

夕ご飯のメニュー例としてツナサラダ、ワカメと豆腐の味噌汁、ひじきの煮物などです。

17日間ダイエット方法 やり方
(画像引用元:https://cancam.jp


【達成期】

3サイクルが終了した後は達成期は、週末には好きなものを食べて平日にはこれまでの3サイクルの食事で過ごします。

 

達成期には17日間の期間は関係なく、これを普段の食生活として続けていくことでリバウンドすることなく健康的な生活が送れます。

 

平日は食事に気を使う必要はありますが、週末には好きなものを食べていいのでお出かけや会食などにも対応できて、普段通りに生活ができます。

 

これまでの51日間の食生活が身についているので、特に不自由を感じることもなく過ごすことができるでしょう。

17日間ダイエットの方法・やり方は?食事メニュー挑戦!

食べてはいけないダイエットではないのがとても嬉しい17日間ダイエット。

 

食事を極端に制限するダイエット方法は確かに体重は落ちるかもしれませんが、リバウンドすることも多いので17日間ダイエットでしっかり食べながら体重を落とす方法は確実性がありますね。

 

みなさんも長期的な食事管理の17日間ダイエットに挑戦してみませんか?

 

せばな~