自宅なら低カロリーな食事を心がけられるけど、外食が多くなりがちなランチは難しいー!

 

ランチタイムに、1食が300Kcalに収まるようなお弁当は無いのでしょうか?

 

ということで今回は、弁当で300Kcal以内に抑えるための方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

300Kcalに抑えたお弁当レシピ

鶏胸肉を使ったメインに

胸肉は低カロリーで、ササミほどはパサつかず調理法によってはかなり満足感が得られます。

300kcal お弁当
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

鶏ハムや蒸し鶏を作っておいて、メインのおかずにしたり棒棒鶏サラダのようにしてもいいですね。

 

ケチャップやチリソースのようにしっかりした味付けにすると満足感も増しますね。

 

他のおかずを低カロリーにすれば、胸肉のチキンカツもいいですよ!!

 

叩いた鶏胸肉を丸めて炒め揚げにすればチキンナゲットも作ることができます。

 

いずれも女性1人分程度なら100Kcal前後で作れるので、ご飯と他のおかずを組み合わせても300Kcalで済みますね。

野菜でカサ増し

薄切りのお肉で、たっぷりの野菜を巻いた肉巻き。

色々なお野菜のみじん切りをたっぷり入れたハンバーグやドライカレーなど。

300kcal お弁当
(画像引用元:http://www.mbs.jp

たくさんの野菜やキノコ、お麩やこんにゃくなどのカロリーの低い食材でカサを増すとお腹はいっぱいになるけれど低カロリーを実現できます。

 

他にもきんぴらゴボウや切り干し大根のマリネなど、歯ごたえがある物を入れると満腹感も得やすくなります。

ご飯を少なめに

普通の茶碗1杯分(約150g)のご飯は250Kcal程度です。

 

同じ量のご飯をお弁当にも入れてしまうとあっという間に300Kcalを超えてしまいます。

300kcal お弁当
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

ご飯は軽めに、その分お野菜などを増やすといいですね。

 

ただし、主食は必ずご飯にしてください。

 

パンだと8枚切りの食パン1枚程度で100Kcal超えてしまいますが、腹持ちが良くないのでおやつを食べてしまったり、夕食にどか食いしてしまったりする原因につながります。

宅配弁当で楽に300Kcalに抑える!

なんと!!1食あたり300Kcalに抑えた宅配弁当があるそうです。



朝はお弁当を作る時間がない!という方にもピッタリ。

最近は健康思考が高まっているので、大手の宅配弁当などでも低カロリーなお弁当を販売しているようですので、取り入れてみるのもいいですね。

300Kcalに抑えたお弁当レシピで自然とダイエット!

お昼が300Kcalで済んだらかなり嬉しいですね!

ランチ代も節約できて一石二鳥です。

 

みなさんも300Kcal弁当に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

せばな~