年齢とともに、お肉が付きやすく落としにくくなる、30代に入ると顕著に感じるようになります。

 

そんな、30代が効果的にダイエットをするにはどうしたら良いでしょうか?

 

ということで今回は、30代に特化したダイエット方法について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

30代の向けのダイエット方法は?食事・運動は?

30代の体の変化

30代は肌・髪・体格・体質など全てにおいて「曲がり角」と言われており、20代と比べてダイエットの効果が得られにくいです。

30代 ダイエット方法
(画像引用元:https://hito-tanoshi.com

シミやシワが気になってきたり白髪が増えたりするのと同様に体の組織も「老化」に向かい始めます。

 

一生懸命ダイエットをしても効果が上がらない、筋トレをしても細くならない、20代とはダイエットにおいて得られる成果も少なくなります。

30代におすすめダイエット

糖質制限

糖質制限で日々の食事で摂取する糖質量を調整することで、糖質が脂肪として蓄積されてしまうことを防ぐのが良いです。

 

ただし、糖質は脳や体を働かせるエネルギーとして利用される成分なので、極端に糖質を取らなければいいという訳ではありません。

 

30代は曲がり角とは言ってもまだまだ社会人としては現役真っ只中なので、エネルギー不足にならないように1日に15g程度を目安に糖質を摂取するようにするのがオススメです。

スポンサーリンク

運動やエクササイズを習慣化する

結婚や出産など、ライフスタイルが大きく変化する方が多い年代でもあるので、このタイミングでライフワークとして続けていける運動やエクササイズを習慣化するようにしましょう。

 

もちろん、仕事や子育てなどで忙しい時期ですから無理やり時間作るのは至難の業ですので、いつでも簡単にできるウォーキングやエクササイズを毎日の日課として取り入れるようにしましょう。

 

モチベーションアップのためにダイエット仲間を作ったり、地元のジムやスタジオなどで頻繁に顔を合わせる方に声をかけてみるのも良いでしょう。

 

また、毎日体重計に乗ることも習慣化し、毎日体重計に乗っていれば自分の体の状態がわかります。

日々の1kgや2kgで一喜一憂する必要はありませんが、プラス1kgが1週間続くようなら早めに対策をすることができますよね。

コンビニ断ちでカロリー抑える

最近のコンビニご飯はかなり優秀になってきてはいますが、やはり糖質・塩分・カロリーどれをとっても手作りで調整するのに越したことはありません。

 

コンビニ食で不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を摂取するためにも、日々のご飯の買い物はお休みの日にまとめて買うようにして、自炊を心がけましょう。

 

コンビニに立ち寄るとついついお菓子をついで買いしてしまったり、美味しそうな新発売のスイーツを買ってしまったりと誘惑も多いもの。

これを断つだけでも十分摂取カロリーや糖質を減らす生活ができます。

30代の向けのダイエット方法は?食事も運動も工夫していこう

人生の曲がり角の30代はその人の注意次第でその後の人生が大きく変わっていくので、良くも悪くも自分の行いと考え方次第です。

 

まずは体重とサイズを増やさない、その工夫を上手にしたいですね。

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません