手羽先って美味しいですよね。

唐揚げなども好きですが、お腹が痛くなったり下痢になることもあるそうです。

 

これって年を取ったから?それとも油っぽいものが負担になってきたのでしょうか?

 

ということで今回は、油っぽいものは好きなので、美味しく食べる方法はないか調べてみました


スポンサーリンク

油っぽいもので下痢・腹痛?食べ物でなぜ

油っぽいものでお腹が痛くなるのはなぜ?

私たちは口から食べたものを胃で消化して、腸で吸収します。

 

胃で消化するためには、胃酸や消化酵素で食べ物を分解します。

 

しかし、油ものや脂肪は分解するのに時間がかかります

 

油ものを食べて胃がもたれる、と言うのは消化のために食べ物が胃に残っている状態です。

油っぽい食べ物
(画像引用元:https://tblg.k-img.com

 

年を取って胃の機能が弱まるので、油ものを食べると胃が痛くなる場合があります。

 

また、若い人でも胃が疲れていると、油もので胃が痛くなることもあります。

油っぽいもので下痢になるのはなぜ?

油っぽいものをたくさん食べると、消化する胃に負担がかかります。

 

胃が消化しきれない状態で食べ物が腸に行くと、消化されなかった脂分(脂肪分)が腸を刺激します。

 

そのため、腸の動きが活発になり、下痢を引き起こします

 

また腸には水分を吸収する役割があります。

油ものを多く摂りすぎて胃で十分消化できないまま腸にやってくると、油分(脂肪分)が水分の吸収の邪魔をします。

 

水分がしっかりと吸収されないと、水状の便=下痢を引き起こすのです。

スポンサーリンク

腹痛、下痢を引き起こさないために

油っぽいものって美味しいのですよね。

ついつい食べすぎてしまう油ものですが、この食べすぎが要注意です。

 

1日あたりの目安としては、40~60gの脂肪。バラ肉で例えれば200gで脂肪60g強です。

 

こんなの焼肉食べに行ったらすぐにオーバーする!

確かにそうですが、たまの焼肉はおいしいですよね。

 

野菜も一緒に食べたり、よく噛んで消化を助けましょう。

油っぽい食べ物
(画像引用元:https://media-cdn.mag2.com

また酸化した油も体に負担をかけます。

家で揚げる時は出来るだけ新しい油を使いましょうね。

油っぽいもので下痢?食べ物は消化の良いものも

油っぽいもので腹痛や下痢になった場合は、消化にいい食べ物を摂りましょう。

 

水分を多めにとって、温かい飲み物で体を労わりましょう。

 

子どもの好きな唐揚げも、しばらくの間は少量で我慢して体調を整えてもらいたいですね。

 

せばな~