美味しい揚げ物ですが、作りすぎて余って後で食べるってことは無かったでしょうか?

 

そんな時に温め直してもベチョベチョになったりと美味しくない仕上がりになったことはないでしょうか?

お惣菜を温め直した時もそうですが、結構あると思います。

 

ということで今回は、お惣菜や残して冷めてしまった揚げ物を温め直す時の方法をまとめて紹介します。


スポンサーリンク

冷めた揚げ物が復活!お惣菜等を温めなおすコツ・方法は?レンジ?オーブン?フライパン?

オーブントースターでカラッと温めなおす

オーブントースターで焼くときのコツは、アルミホイルを載せてオーブントースターで温め直す事です。

 

①あらかじめオーブントースターを温めておく

②オーブントースターにアルミホイルを載せますが、アルミホイルをくしゃくしゃにしてくしゃくしゃが残る程度に広げで載せます。

③揚げ物をアルミホイルに載せて2~3分焼きます。

 

他にも温める前に霧吹きで水をかけることで、加熱した時に衣の水分が蒸発して細かな空洞ができてカラッと仕上がる方法もあります。

グリルでカラッと温め直す

魚を焼くグリルでもカラッと温め直すことが出来ます

ただし、強火だとコゲる可能性があるので強くせず焦げないように火加減を気をつけてください。

フライパンでカラッと温めなおす

フライパンで温めるときは、油を使わないで温めます。

 

温める時の注意点はグリルと同様で強火ではなく弱火にして両面を焼きます。

強火だと油が出てきてしまい、ベチョベチョになる可能性がありますので弱火で焦げないように温め直します。

スポンサーリンク

揚げ直してカラッと温め直す

揚げる前に揚げ物を水につけてから油であげます。

水につけることで、水蒸気となって衣を外へ押し上げてくれて元の空気が入ったサクサクの衣に復活します。

 

揚げる際は30~40秒ほど揚げればサクサクとなります。

揚げ物を揚げ直し・温め直して美味しいく復活!フライパン、オーブントースター等でお試しあれ!

いろんな方法で温め直す方法があり、あとは自分にとってどれが簡単かそれともおいしく仕上げたいから少し手間でも良いと自分に合わせてご使用ください!

 

これで作り置きした揚げ物もおいしく食べてください!

 

せばな~