夏はもちろん、寒い冬には温かい部屋で食べるのが楽しみなアイスクリーム!

子供から大人まで、ファンが多いスイーツですよね。

 

でもお店に行くと「アイスクリーム」だけではなくて「シャーベット」やら「ジェラート」やら色々並んでる!!

 

いったい、「アイスクリーム」「シャーベット」「ジェラート」の違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、「アイスクリーム」「シャーベット」「ジェラート」の種類と違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

シャーベット・アイスクリーム・ジェラート・ソフトクリームの違いは?

アイスクリーム

一般的に私たちは冷たい氷菓一般を「アイス」「アイスクリーム」という事が多いと思います。

シャーベット アイスクリーム 違い
(画像引用元:http://chigai.soudesune.net

そのため、シャーベットでもジェラートでも「アイス」コーナーで販売されているのですが、厳密にははっきりとした違いがあります。

 

「アイスクリーム」は牛乳などの乳製品を使った冷たい菓子の事です。

シャーベット アイスクリーム 違い
(画像引用元:https://cdn.macaro-ni.jp

ミルクの濃厚な旨みがあって、舌触りがなめらかな物が多いですね。

 

食品衛生法では、「アイスクリーム類」の中でも厳密に分類を分けています。

シャーベット ジェラート 違い
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

シャーベット

果物などの果汁に砂糖やシロップなどを加えた冷たい菓子が「シャーベット」です。

アイスクリーム ソフトクリーム 違い
(画像引用元:http://www.misbit.com

乳固形分が含まれないものがほとんどで、「氷菓」に分類されます。

 

シャリシャリの食感でさっぱりしているので、コース料理の口直しなどとしても利用されますね。

 

フランス語では「ソルベ(sorbet)」、甘みが少なく氷のシャリシャリ感が強いものを「グラニテ(Granite)」などとも言います。

ジェラート

ジェラート(gelato)はイタリア発祥の冷たいお菓子の事。

シャーベット ジェラート 違い
(画像引用元:http://www.sincerita.jp

英語のice creamのイタリア語がgelatoだと言われています。

 

ミルクを使ったジェラートもありますが、そのほとんどは果物などの果汁や果肉が主原料です。

 

日本の食品表示で分類すると「アイスミルク」に相当する乳脂肪分しか含まれていません。

 

果物などのしっかりした味を楽しめて、低カロリーと言われています。

スポンサーリンク

ソフトクリームは?

乳製品が主となるので、ソフトクリームは分類上はアイスクリームになります。

アイスクリーム ソフトクリーム 違い
(画像引用元:http://lowch.com

通常「アイスクリーム」は原料を充填・包装・凍結させた状態で販売します。

 

これに対してソフトクリームは充填と包装はせず、店頭で凍結させたものをそのまま販売したものという事が多いようです。

シャーベット・アイスクリーム・ジェラート・ソフトクリームの違いを知ろう!

実際にアイスクリーム売り場を覗いてみたのですが、確かに商品によってアイスクリームだったりラクトアイスだったり氷菓だったり…

 

同じアイスクリーム売り場で売られているアイスクリームにも種類があったなんて驚きでした。

 

一言でアイスクリームと言ってしまう事が多いですが、その違いを知るとまた食べる楽しみが増えますね。

 

せばな~