和食のお店で頂く汁物。

皆さんは見たり飲んだりしただけで、赤だしか味噌汁、どちらかわかりますか?

 

そんな、赤だしか味噌汁の違いや、赤だしと相性が良い食材は?

 

ということで今回は、赤だしと味噌汁の違いと見分け方を調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

赤だしと味噌汁の違いは?具材でおすすめは?

赤だしと味噌汁の違い

  • 赤だし…出汁に「赤味噌」を溶いた味噌汁のこと
  • 味噌汁…出汁に「味噌」を溶いた汁物のこと

つまり、赤だしは味噌汁の一種ということです。

 

元々赤だしは懐石料理などで味噌に鰹節を混ぜて擦り合わせたものを煮立てて漉した出汁を使った汁やその調理方法を指す言葉でした。

そのため、懐石料理仕立ての和食で「赤だし」を頂く機会も多いですね。

 

豆味噌の赤味噌は溶けにくく、「赤味噌から旨味をだす」という意味合いで「赤だし」と呼ばれるようになったという説もあります。

特に愛知県以西の関西地方では豆味噌の味噌汁は「赤だし」、それ以外は「味噌汁」と呼び分けることが多いようです。

赤だしに合う食材は?

赤だしの汁の実として王道の食材は豆腐となめこでしょうか。

 

赤だしは味噌の旨味やコクがあるので、食材自体の味があまり強くない物の方が合うかもしれません。

 

豆味噌の場合は煮立てても香りが飛びにくく、名古屋の名物「味噌煮込みうどん」のような煮込み料理にもおススメです。

 

赤だしにする場合も大根やナスなどにじっくり味を染み込ませるのもおススメです。

油揚げやお麩にじわっと染み込む赤だしの旨味は最高です。

スポンサーリンク

赤味噌とは?

赤だしは味噌は米や麦などの穀物を麹と塩で発酵させた発行調味料です。

赤だし 味噌汁 違い
(画像引用元:https://park.ajinomoto.co.jp

出来上がりの色によって「白味噌」「赤味噌」「淡色系味噌」などに分類されます。

 

この色は原料となる大豆の種類、大豆を煮るか蒸すか、麹の割合、発酵の途中で混ぜるかどうか、作られる場所の気候などによって変わってきます。

 

代表的な赤味噌は中京地方で作られる「豆味噌」や東北地方の「津軽味噌」「仙台味噌」など。

いずれも熟成期間が長く、コクがあるのが特徴です。

赤だしと味噌汁の違いを知って作ろう!おすすめ具材で美味しく!

私はお店で頂く赤だしが好きなので、なんとかお家でも作れるように…と思ったのですが、ただお味噌を変えるだけではお店の味は出せなさそうですね。

 

日本人の食卓になくてはならない存在のお味噌汁。

色々なお味噌汁の種類を知って作れるようになりたいです。

 

せばな~