お寿司屋さんに行くと赤だしを出してくれますが、赤味噌を使って作った味噌汁を赤だしと呼ぶのでしょうか?

 

そんな、似ているようで違う、赤だしと赤味噌の違いは?

また、赤だしは赤味噌の違うようですが、赤だしの相性が良い食材は?

 

ということで今回は、赤だしと赤味噌の違いや相性の良い食材について調べてみました。


スポンサーリンク

赤だしと赤味噌の違い?相性の良い食材は?

赤だしと赤味噌の違い

赤だしは、米味噌と豆味噌をベースにだしを合せた赤みそ仕立ての味噌汁。

赤味噌は、見た目が赤い(茶褐色)の味噌と違いがあります。

赤だし 赤味噌 違い
(画像引用元:https://www.nagoyameshi.jp

赤みそは見た目が赤ければ赤味噌です。

見た目が赤いみそなので、米味噌、豆味噌、麦味噌、調合味噌のどれでも赤ければ赤みそになります。

大豆を蒸して作った味噌で熟成期間が長く、コクがあるります。

色の秘密は大豆のアミノ酸が糖分と反応して、赤(茶褐色)になるメイラード反応を起こすからです。

名古屋味噌や仙台味噌が有名です。

 

赤だしは料亭などでよく使われています。

コースの最後に赤だしを出すことで、料理の終わりを告げる役割があります。

自分で赤だしをブレンドする場合は、

八丁味噌をベースに、西京味噌で甘みをプラス、田舎味噌で辛みを調整します。

最後に粉かつをを加えて香りをプラスすれば完成です。

スポンサーリンク

赤だしの相性の良い食材

赤だしに合う食材は以下となっています。

  • 豆腐 絹ごし豆腐のサイコロ切り
  • しじみ 赤だしにはよく合います
  • なめこ ツルッとのど越しのいいなめこは赤だしとよく合います。
  • 三つ葉 色の濃いみそに三つ葉の緑がよく映えます。

 

赤だしを作る時は、いりこで取った出汁がよく合います。

赤だしと赤味噌は色と調合の違い!

赤味噌の仲間に赤だしがある感じですね。

しかし赤だしが出てくると高級な感じがします。

 

家では赤味噌を使った味噌汁をよく作りますが、赤だし味噌を買ってくると赤だしが作れるのか。

これなら簡単に作れそうですよね。

 

みなさんも、赤だしを手軽に作ってみませんか?

 

せばな~