春になると桜餅が食べたくなりますが、和菓子屋さんに行くと、餅のような桜餅と、クレープのような桜餅がありませんか?

 

好みの問題かと思いますが、実は関東と関西では桜餅が違うようです。

 

そんな関東と関西では桜餅の違いは?

 

ということで今回は、関東と関西では桜餅の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

桜餅の関東と関西の違いは?

関東の桜餅

関東での桜餅は別名長命寺と言い、江戸風の桜餅です。

桜餅 関東と関西の違い
(画像引用元:http://www.i-nekko.jp

 

東京の長命寺では、桜の葉が大量に落ちてくるので、葉を塩漬けにしました。

 

桜の季節になると、小麦粉を水で溶いて生地を蒸し、こしあんをのせて二つ折りにしたものに塩漬けした桜の葉をのせて桜餅を作りました。

 

塩漬けにした桜の葉のほのかな香りが生地に移るのが風流ですね。

 

享保2年(1717年)に長命寺の門番、山本新六が作った、桜の季節にピッタリな桜餅です。

関西の桜餅

関西での桜餅は別名道明寺と言い、上方風の桜餅です。

桜餅 関東と関西の違い
(画像引用元:https://life-ikiki.com

 

大阪の道明寺というお寺で、蒸したもち米を干したものを保存食として作っていました。

 

これを干飯(ほしいい)といい、旅や戦争の時に持って行くと、水やお湯でふやかして食べられるので、携帯食として便利でした。

 

干飯を粉にしたものを道明寺粉と呼び、この粉を使って餅を作って桜の葉で包んだものを桜餅と呼ぶようになりました。

スポンサーリンク

桜の葉は食べるにも違いが?

桜餅を包んでいる桜の葉ですが、食べる人と食べない人がいます。

 

塩漬けにした桜の葉を塩抜きして使っているので、食べても大丈夫です。

 

そんな桜の葉を食べるのも関東と関西では違いがあります。

桜餅 関東と関西の違い
(画像引用元:https://blogimg.goo.ne.jp

 

関東の場合は、クレープ状の生地に桜の葉を巻いているので、香りだけを楽しみたい人ははがしてもいいですね。

 

関西の場合は、餅の上に桜の葉を巻いているので、葉をはがすと餅が手について食べにくいです。

塩漬けされているので、葉も柔らかくなっています。

そのまま食べても大丈夫です。

 

桜の葉は柔らかくて毛が少ない「大島桜」の葉を使っています。

 

近くの公園に生えているソメイヨシノの葉を塩漬けにしても美味しくありませんよ。

桜餅の関東と関西の違いあり!どっちが好き?

私は道明寺粉で作られた桜餅が好きです。

餅という名にピッタリだと思います。

 

でも若い子はクレープ状の長命寺桜餅が食べやすいのかな?

 

二つの桜餅を食べ比べしながら、花見をするのも楽しそうですね。

 

どちらも家で簡単に作れるので、興味のある方は是非オリジナル桜餅を作ってみてください。

 

せばな~