日本で昔から飲まれている甘酒。

お正月やひな祭りの時に飲んだりしますよね。

 

この甘酒にダイエット効果があるって聞いたことありませんか?

でも甘~い甘酒で痩せられるのでしょうか?

 

風邪気味の時は温かい甘酒を飲んで早く寝た気がしますが、甘い飲み物でダイエット出来るなら嬉しいですよね。

 

ということで今回は、甘酒ダイエットの方法や効果や種類を紹介します。


スポンサーリンク

甘酒ダイエットで痩せる方法は?カロリーや種類、その効果は?

ダイエットの方法と特徴

毎日の生活にプラスして甘酒を飲んでも、ダイエットにはなりません。

甘酒 ダイエット 痩せた
(画像引用元:http://suyakame.com

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

甘酒は甘いですが、普段おやつや間食に食べているお菓子を、甘酒に変えてみましょう。

 

甘酒は名前の通り甘いのですが、クッキーやチョコなどに比べるとずっと低カロリーです。

 

なんと100gあたり81kcalと甘いのに低カロリーなのです。

 

さらに甘酒には素晴らしい以下の特徴があります。

・ビタミンB群が豊富
・食物繊維が豊富
・満腹感を得られる

 

ビタミンB群は脂肪の燃焼を促し、余分な脂肪が蓄えられるのを妨げてくれます。

内臓の働きを活発にして、血液の循環を良くしてくれます。

食物繊維は便秘の解消に役立ちますね。

体内の不要物を排出して、腸をすっきりとさせてくれます。

 

さらに低カロリーなのに満腹感を得られるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

甘酒の効果

おやつのかわりに甘酒を飲んでみたり、食事の前にちょっと甘酒を口にしましょう。

甘酒 ダイエット 痩せた
(画像引用元:http://the-best-future.com

甘酒のブドウ糖が血糖値をあげて、満腹感を与えてくれます。

 

その状態で食事をすると、食べ過ぎが防げるので摂取カロリーを抑えることができます。

 

甘さはありますがほとんど脂肪分が含まれていません。

クッキーなどを食べるよりもずっと健康的です。

スポンサーリンク

甘酒の種類

甘酒は何から作られているのでしょうか?

実は、

・酒粕ベースの甘酒
・こうじベースの甘酒

の2種類があります。

甘酒ダイエット方法
(画像引用元:http://nikipedia.jp

酒粕ベースの甘酒は酒粕にアルコールが残っているので、甘酒にもアルコールが含まれており、甘さを出すために砂糖を足しています。

 

こうじベースの甘酒は蒸したお米にこうじを混ぜて発酵熟成させた甘酒です。

 

米のでんぷんが分解されてブドウ糖となるので、自然の甘みがあります。

 

そしてダイエットに適しているのは、こうじベースの甘酒です。

 

アルコールを含んでいないので、朝食のかわりに飲んでも、仕事中に飲んでも安心ですね。

甘酒ダイエット方法で効果的に痩せて大人にも!低カロリーでおすすでおやつ子供にも!

甘酒というと、子どもがひな祭りに飲むイメージがありますが、大人もぜひ飲んでみましょう。

 

ちょっと飲みにくいな、と感じたら豆乳で割る方法もあります。

 

大豆イソフラボンも一緒に摂れていいですよね。

 

ですが豆乳は低カロリーではありませので、割る時はほどほどの量にしましょうね。

 

私は飲まず嫌いで甘酒を飲んでいなかったのですが、ダイエットにも美容にもいい成分があるのなら、ちょっと試してみようかな。

ホットだけでなく、アイスでも甘酒を楽しめるそうですよ。

 

せばな~