玉ねぎは毎日の食事でよく使う食材ですね。

 

しっかりと炒めると甘みも出てくる玉ねぎですが、飴色になるまで炒めるとなるとけっこう手間がかかります。

 

でもカレーやシチューなど洋風のメニューには、飴色の玉ねぎは欠かせません。

 

今回は料理にコクやうまみをプラスしてくれる、飴色の玉ねぎを簡単に作り方、短時間で作る方法と使い方について紹介します。


スポンサーリンク

飴色の炒め玉ねぎを簡単に作る方法?炒め方にコツいらずでどんなレシピに使う?

飴色の玉ねぎを作る方法:レンジを利用する

みじん切りの玉ねぎを炒める前に、電子レンジで約3分加熱します。

玉ねぎ 飴色 炒め方
(画像引用元:http://kumiko-jp.com

ここで熱を加えることで、フライパンで炒める時間を短縮できます。

 

フライパンで3分ほど中火で炒めるだけで簡単に飴色になってきました。

 

レンジにかけた時に水分が出てくるかもしれませんが、その水分もフライパンに入れてください。

 

炒めていると鍋が茶色くなってきますが、これはコゲではありません。

 

玉ねぎの糖分がカラメル状になっているのです。

飴色の玉ねぎを作る方法:冷凍玉ねぎを利用する

玉ねぎを冷凍すると細胞が壊されるので、炒めた時に早く飴色になります。

玉ねぎ炒める飴色
(画像引用元:http://jp.rakuten-static.com

しかし料理当日に冷凍すると時間がかかりますよね。

 

分かっていれば前日にみじん切りにして冷凍するか、あらかじめ時間のあるときにみじん切りにして冷凍しておきましょう。

 

今すぐ飴色玉ねぎを使いたい場合は、レンジの出番です。

スポンサーリンク

飴色玉ねぎの活かすレシピは?

飴色玉ねぎの魅力を活かす、オニオンスープのレシピを紹介します。

【材料】
水      300ml
固形ブイヨン 1個
飴色玉ねぎ  1個分

【作り方】
①水とブイヨンを温めて溶かします。
②飴色玉ねぎを入れて、塩コショウで味を調えます。
③仕上がりにパセリを散らしたり、バゲットを添えてもいいですね。

 

柔らかい甘みが体に染みわたります。

その他、ハンバーグやカレー、シチューなどにも飴色玉ねぎを使いましょう。

 

いつものハンバーグなのに、ちょっと深い味わいがする、カレーもほんのり甘みがある、など子どももびっくりする美味しさです。

飴色の炒め玉ねぎに簡単・時短の作っておいしいレシピに使おう!

紹介した方法で簡単に飴色玉ねぎが作れるのですが、みじん切りするだけでも結構大変ですよね。

 

そんな時には、まとめて作りましょう。

 

フードプロセッサーで玉ねぎをみじん切りして、レンジにかけて炒めます。

十分冷めたら保存袋に入れて薄く平らにします。

 

使いやすいように、割りばしで筋をつけておくと、必要な分だけ使いやすいです。

 

もしくは製氷皿に入れて凍らせてもいいですね。

 

私も時間のあるときにまとめて作って冷凍室のストックしています。

急にハンバーグを作る時や、カレーを作る時には重宝しています。

 

玉ねぎの特売があったら、ぜひ炒めましょう。

 

せばな~