生魚を食べるとアニサキス食中毒になる、と思ってお刺身などの買い控えが増えているそうです。

 

確かに生魚にはアニサキスが潜んでいるのですが、予防することは可能です。

 

いったい、どうやってアニキサスを予防でき、そもそもどんな症状がでるのでしょうか?

 

今回は、気になるアニサキス食中毒の症状や予防策について紹介します。


スポンサーリンク

アニサキスとは?食中毒の症状や予防策は?※画像あり!

アニサキス食中毒の症状

アニサキスとは寄生虫の一種です。

アニサキス 症状
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

アニサキスの幼虫は、サバやイワシ、カツオ、サンマなど身近な魚に寄生しています。

 

魚の内臓に寄生しているアニサキスの幼虫は、魚の鮮度が落ちると内臓から赤身や白身の部分に移動します。

 

このアニサキスの幼虫を人が食べてしまうと、食中毒を起こします。

 

食後数時間から十数時間後に、猛烈な腹痛や吐き気がします。

 

胃アニサキス症と、腸アニサキス症がありますが、どちらも胃や腸が猛烈に痛くなります。

下痢の症状がないのも特徴ですね。

 

人によってはアレルギー反応を起こすこともあります。

 

じんましんや吐き気、呼吸困難などの症状があればアニサキスアレルギーの可能性があります。病院でしっかりとケアしてもらいましょう。

 

アニサキスの幼虫が食中毒を引き起こすので、卵や成虫、死んだ幼虫が原因ではありません。

ということは、生きた幼虫を食べないようにしたらいいのですね。

スポンサーリンク

アニサキス食中毒の予防策

アニサキス 予防
(画像引用元:http://blogc.fujitv.co.jp

魚を丸ごと一匹で購入するときは、新鮮な魚を選んで内臓を速やかに取り除きましょう。

 

内臓にアニサキスの幼虫が潜んでいるので、内臓を生で食べないようにしましょうね。

 

サバを酢でしめたしめサバがありますが、酢やわさびなどではアニサキスの幼虫は死にません。

 

お刺身を食べる時はよく噛んで食べましょう。

身を細かく切るのもいいいですね。

 

0.5~1mmと糸の様に細く、半透明の色なので見つけにくいですが、万が一目視できたら、取り除きましょう。

 

その他にも、60℃以上で1分以上加熱したり、冷凍庫で1日凍らせると死滅します。

アニサキスの症状や予防策を知り、新鮮な魚を食べよう!

身近な魚に潜んでいるアニサキスですが、適切な処理をすることで安全に食べることができます。

 

先日サバの切り身が安かったので、半分はその日に焼いて、残り半分は干物しました。

ベランダで干していたら3日後くらいに身から虫が出てきました。

 

きっとこれがアニサキスなんでしょうね。

 

焼いたサバにもアニサキスが潜んでいた可能性はありますが、何の症状もありませんでした。

 

お刺身は生で食べるものですが、信頼できる鮮度のいいお店で購入したり、しっかりと噛むことでアニサキスを予防することができます。

 

みなさんもアニキサスを知り、旬のおいしいお刺身を楽しみましょう。

 

せばな~