青梅の季節になりましたね。梅ジュースを作るには、ピッタリの季節です。

 

しかし生の青梅、そのまま食べてはダメ、毒がある、と言われたことがあります。

 

ジュースや梅干しに使う梅なのに、どうしてそのまま食べてはだめなのでしょうか?

 

ということで今回は、青梅の毒があるのか調査したいと思います。

青梅をそのまま食べる?毒性で症状は?

青梅には毒がある?

青梅には、青酸配糖体(アミグダリン)と呼ばれる、毒成分があります。

青梅 そのまま食べる
(画像引用元:http://umebosigift.com

これは梅自身を守るための成分で、未熟な小さい梅程沢山含まれます。

青酸配糖体が体内で酵素と結びつき、シアンという危険物質に変化し、毒となります。

 

ただし、梅が大きくなるにつれて種子も大きく固くなるので、青酸配糖体は少なくなります。

 

青酸と言うと猛毒ですよね。

梅の青酸配糖体も、呼吸困難やめまいなどの症状を引き起こします。

そのまま食べられる?

ご紹介したように、青梅には青酸配糖体が含まれています。

 

しかし一つの梅の実に含まれる量はとても少ないです。

大人なら300個、子どもなら100個くらい食べると危険です。

これだけの量を一気に食べる事は、まあないですね。

 

ただし、木に出来たばかりの未熟で小さな梅の実には、種子を守るために多めの青酸配糖体があります。

 

特に種に多く含まれていますが、小さな梅の実の種はまだ柔らかく、うっかり食べてしまうこともあります。

 

子どもなら5~10個で死に至る可能性もあるので、うっかり口にしてしまわないように気をつけましょう。

 

試しに1個食べてみましたが、酸味がきつく、美味しい?かは微妙。

美味しく食べたいのなら、アルコールや塩につけて熟成させるのがおススメです。

スポンサーリンク

毒を消す方法

梅と言えば、梅干し、梅酒、梅シロップなどが思い浮かびますよね。

 

アルコールや塩、砂糖で漬け込み熟成させる、加熱することで、青梅の毒性がなくなります。

 

梅の甘露煮も熱を加えるので、毒性がなくなります。

 

梅酒や梅シロップに漬け込んだ実は食べても大丈夫です。

青梅をそのまま食べれる!けど毒性がある!

青梅をそのままかじる人はあまりいないと思いますが、毒が含まれているので食べすぎる(大人300個、子ども100個)のは危険です。

 

綺麗な青梅が手に入ったら、ぜひ梅シロップや梅酒に挑戦してください。

 

我が家でも1kgの青梅で梅シロップを作って、夏に炭酸で割るのが定番です。

 

夏の暑さで疲れた体に、梅シロップのさわやかな酸味は嬉しいですよ。

生で食べるよりも、安全でおいしいです。

 

せばな~