原因が良くわからない下痢に悩まされた経験がある方はいませんか?

その下痢、実はアレルギーが原因かもしれませんよ?

 

ということで今回は、アレルギーで下痢になる原因や対策などを調べてみたいと思います


スポンサーリンク

アレルギーで下痢・腹痛・嘔吐する原因?対処方法は?

そもそもアレルギーとは?

アレルギーは、体の中で特定の物質を「危険物質」と見なして攻撃をしてしまうことです。

アレルギー 下痢
(画像引用元:https://allergy72.jp

花粉やハウスダストは実際には自然界にいくらでも存在していて、毒性などはないことがほとんどです。

 

特定の食品に対する食品アレルギーも、元になっている食品は決して悪いものではありません。

 

それなのに過剰反応してしまうのは、体内の免疫機能の誤作動です。

 

免疫機能に誤作動を起こさせる物質は体質によって様々で、その種類は200種類を超えると言われています。

アレルギーで下痢になる?

アレルギーで一般的な花粉やハウスダストは、空気を吸い込む時に鼻や喉を通って体内に入ります。

アレルギー 下痢 対処
(画像引用元:https://www.miraizaidan.or.jp

花粉やハウスダストのアレルギー症状が反応が鼻や喉の粘膜に多く見られるのはこのためです。

 

食品は体内で消化・吸収され、血液に流されて全身に行き渡ってしまいます

 

そのため、下痢や嘔吐、発熱や頭痛、蕁麻疹、鼻炎、喘息など全身で症状が起こります

 

症状が重いとアナフィラキシーショックを起こしたり、死亡したりすることもあるようです。

 

食品によるアレルギーで下痢が起こることを「アレルギー性腸炎」といい、最近では一般的な病名として知名度も上がっています。

スポンサーリンク

アレルギー対策は?

まず、自分がどの食品にアレルギーを起こしているかを知りましょう

アレルギー 下痢 対処
(画像引用元:http://shinhakken-blog.up.seesaa.net

食べた物を書き出したり、写真に撮っておくといいでしょう。

 

病院などで調べる場合にも参考になりますし、同じものを食べた後に体調が悪くなる一定のリズムが見つかる事があります。

 

アレルギーの度合いによっては加熱したり、量を調整したりすれば食べられることもあります。

 

アレルギーの可能性が高くなったら病院で血液検査を受けると、アレルギーの度合いがわかります。

 

また、どんなアレルギーでも腸内環境が整っていると症状が緩和されたり発症しなかったりすると言われています。

 

腸内環境は万病を左右すると言っても過言ではないので、今一度腸内環境を見直すと良いかもしれませんね。

アレルギーは下痢・腹痛・嘔吐等と様々な症状を起こす!腸内環境を整えて対処!

下痢はそれだけで体力を消耗するし、とても辛いですよね。

原因がわからないと尚更落ち込みます。

 

まずはみなさんも腸内環境を整えることを念頭に日々の食生活の見直しをしていきましょう。

 

せばな~