酒蒸し、お味噌汁、ボンゴレなど、うまみがたっぷりのあさりは本当に美味しいですよね。

でも、ジャリッとなると一気に食欲減退、なんてことも。

 

今回はそんな事にならないよう、しっかりあさりの砂抜きをするポイントをまとめます。


スポンサーリンク

失敗しない?簡単にアサリの砂抜きが出来るポイント・コツは?

海水程度の塩水

必要なものは海水程度の濃度にした塩水です。海水の塩分はおよそ3.5%程度です

ですから同じくらいの濃度の塩水を作るならお水100ccに対して3g程度のお塩です。

 

自然塩か精製塩かで質量が変わってくるので、ご自宅で使っているお塩がスプーン1杯で何gになるかはかっておくと良いですね。

 

また、水道水を使う場合はカルキを抜く為に室内で数時間置いてから使うと効果的です。

バットを使用する

ボウルやタッパーを使っても良いのですが、他のあさりが吐いた砂をまた吸い込んでしまったり、頭が出ていないと水を吸うだけで砂を出してくれないことがあります。

 

あさりができるだけ重ならないようにバットに広げて、あさりが少し頭を出す程度の塩水を入れます。

新聞紙をかぶせて暗くする

あさりは明るいと殻を閉じて砂を吐かなくなってしまうので、暗い所に置きます。

 

また、砂を吐く時にかなり勢い良くピューッと水も飛ばすので周りが水浸しにならないよう、新聞紙を被せます。

 

その上からサランラップをふんわりとかけておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

涼しい場所で半日~1晩

涼しい場所に置いて砂を吐き終わるのを待ちますが、暑い場所だと痛んでしまい、寒すぎると砂を吐かなくなりますので夏場は冷蔵庫の野菜室がオススメです。

 

冬場なら暖房器具がない涼しい場所に静かに置いてあげましょう。

 

スーパーで買ってきた物はある程度砂が抜けている物も多いので2~3時間くらい、潮干狩りで採ってきたものなら1晩から丸1日くらい置いた方が良いです。

簡単で失敗せずにしっかり砂抜き!美味しいあさりを余すことなく頂く?

私もこの方法を知るまでは、あさりのジャリッとが苦手で自宅であさりを調理する事があまりなかったのですが、この方法を知ってからは積極的にあさりを使ってお料理をするようになりました。

 

時間はかかりますが放っておくだけ、というのもズボラな私にはピッタリでした(笑)美味しいあさりのお出汁たっぷりのお料理をいただきましょう!

 

せばな~