お砂糖が体に良くないというのは良く聞く話。

でも加工食品にどれくらいの量が使われているのかは良く分かりませんよね。

 

そんな中でアイスクリームはどれ位の砂糖の量が含まれているのでしょうか?

 

今回は冷たくて美味しいアイスクリームに含まれるお砂糖の量を調べてみました。


スポンサーリンク

アイスクリームに含まれている砂糖の量は?

砂糖の摂取目安は?

アイスクリーム 砂糖
(画像引用元:http://marumelo.net

実際にどれくらいのお砂糖が含まれるかを見る前に、お砂糖の摂取目安を覚えておきましょう。

 

WHOでは成人の1日辺りの砂糖の摂取上限を25gとしています。

 

私たちが一般的に使っている角砂糖が1つ3g程度と言われています。

成人であればお料理やおやつなどを合わせて角砂糖8個分程度という事になります。

ジェラートに含まれる砂糖の量

アイスクリーム 砂糖
(画像引用元:http://openers.jp

実際にアイスクリームに含まれている砂糖の量を見ていきましょう。

 

ところが、市販されているアイスクリーム類は各社の独自の配合があり実際に砂糖が何g入っているのかを見ることができません。

 

そこで、家庭で手作りする場合のレシピを見てみます。

例えば果物をふんだんに使うジェラートから、いちごのジェラートの場合。

4~5人分でいちご300g、グラニュー糖45g、牛乳150mlというレシピがありました。

 

5人で分けたとして、1人分で9g。

角砂糖なら3個分ですね。

 

実際に作って食べてみましたが、いちごが酸っぱいいちごだった事もあって甘さはほとんど感じませんでした。

スポンサーリンク

アイスクリームの場合

アイスクリーム 砂糖
(画像引用元:http://housefoods.jp

これもまた公式な発表はありませんのでレシピからの類察です。

 

インターネット上にハーゲンダッツに近づけたというレシピがあったので見てみました。

 

5人分で生クリーム200ml、砂糖70g、卵3個、ラム酒大さじ1杯、バニラビーンズ2分の1本。

ハーゲンダッツのバニラ味に近い味を作るためには最低でも1人分14gのお砂糖が必要だという事です。

角砂糖なら4.5個以上です。

 

ハーゲンダッツのミニカップは110ml、このレシピでできるアイスクリームの1人分は80~90mlです。

 

つまり、ハーゲンダッツのミニカップ1つを食べると20g程のお砂糖を摂取する事になるのです。

 

その他に市販されているアイスクリームも砂糖の使用量においてはそれ程変わらないと思われます。

 

1日にアイスクリームを2つも3つも食べたらすぐに糖分過多になってしまいますね!!

アイスクリームの砂糖の量は凄い!糖分過多に注意!

体が冷えるだけでなく、糖分の摂りすぎにもつながるアイスクリーム。

冷たいと特に甘さを感じにくくなりますから、注意が必要ですね。

 

みなさんも、美味しいからと食べ過ぎないように気をつけなくてはいけませんね。

 

せばな~