皆さんは「バーピージャンプ」というエクササイズをご存知ですか?

 

アメリカで生まれたこのエクササイズは場所を取らず、手軽に短時間でできて、ダイエットに絶大な効果があるそうです。

 

そんな「バーピージャンプ」を使った「バービーダイエット」の方法や効果とは?

 

ということで今回は、バーピーダイエットの効果や方法を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

バーピーダイエット方法とは?効果や注意点は?

バーピーダイエットとは?効果は?

バーピーダイエットは1930年代にアメリカの生理学者バーピー氏が考案したバーピージャンプ(バーピーエクササイズ)を用いたダイエット方法です。

バーピーダイエット方法
(画像引用元:https://imgc.eximg.jp

 

バーピージャンプはアスリートのトレーニングとしても有効なことが証明されている全身運動です。

 

学生時代の部活のトレーニングなどでやったことがある方も多いと思います。

 

特別な器具などは使わず、場所も取らず、時間もかからず手軽にできるエクササイズです。

 

バーピージャンプは一見無酸素運動のように思われますが、筋力トレーニングとしての無酸素運動としても脂肪燃焼のための有酸素運動としても効果があります。

 

トレーニング自体でカロリーを消費するのはもちろん、インナーマッスルに効果的に働きかけて基礎代謝を上げることができるので効率的にダイエットをすることができます。

バーピーダイエットの方法は?

  1. 真っ直ぐ立った状態からスクワットと同じように腰を落とす
  2. そのまま手が床に着くまで腰を落とす
  3. 地面を蹴って足を後方に伸ばす
  4. 足を戻して2の体勢に戻る
  5. 立ち上がって1の体勢に戻りつつ軽くジャンプする

この5ステップがバーピージャンプの基本です。

 

負荷を高めるアレンジとして3に腕立て伏せを追加するなどもありますが、まずは基本のバーピージャンプで十分でしょう。

 

1分間バーピージャンプをするだけで5kcalを消費することができます。

 

しかし、初心者は5回続けるのもやっとです!

まずは5回を目安に、少しずつ回数を増やしていくといいですね。

スポンサーリンク

バーピーダイエットの注意点

バーピージャンプは負荷の高い運動で、日頃から運動をほとんどしていない方や疾患を持っている方が急に行うのは危険です。

 

始めは1回からでもいいので無理はせず、ストレッチなどで体をほぐしてから行うようにしましょう。

 

バーピージャンプをした後もすぐに横になったりソファに倒れこんだりはせず、しばらくゆっくり歩くなどのクールダウンを忘れずに。

 

また、正しいフォームで行い床にマットを敷くなど、ケガをしないように注意しましょう。

バーピーダイエット方法で無理なく効果発揮!

「バーピージャンプ」というワードではわかりませんでしたが、やり方を見てみるとなるほど、学生時代に私もやっていました。

 

当時は腕立てとジャンプも組み込んで毎日50回くらいやっていましたが、久しぶりに(ウン十年振り?)やってみたら1回でもフラフラしてしまいました。

 

日頃の運動不足を呪いつつ、正しいフォームを確認しながら少ない負荷でチャレンジしてみたいと思いました。

 

みなさんも、少しずつでいいですから、無理しない程度にバービージャンプに挑戦してみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません