2017年10月17日放送の「ザ!世界仰天ニュース」では、中国でタラを工業用油の原料となるという魚に偽装していた事件が紹介されます。

 

そして、タラの偽装に使われたのがバラムツと言って、食べ過ぎると尻から油を垂れ流して下痢を引き起こす可能性があるのです。

 

そんな、タラをバラムツに偽装した事件とはいったいどんな内容で、他にも起きているのでしょうか?

また、本当にバラムツを食べると下痢になったり、食べ方や味はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、中国でタラ偽装に使われた事件と、偽装に使われたバラムツの味や食べ方、危険性を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

中国でタラ偽装にバラムツ?食べると下痢に?刺し身等と食べ方や味は?

タラ偽装にバラムツ?

日本では禁止されているので起きませんが、他国ではレストランや販売店等でタラをバラムツで偽装した事件が度々起きています。

中国 タラ
(画像引用元:http://img.recordchina.co.jp

北京市の楽天マートでは、生後9ヶ月の乳児の便に異常が現れ、便に黄緑色の油のようなものが混ざっていて訴えた事件がありました。

 

浙江省温州市永嘉県のとあるレストランで、合計2.45kgの“サケ”を鍋料理を食べた際も、バラムツという安い深海魚をサケに偽装して、尻から油が漏れて仕事どころではない状況がしばらく続いたのです。

 

しかも、この偽装事件は訴えても、レストランや販売店はごまかし・はぐらかしていたのでした。

 

また中国だけでなく、台湾でもバラムツをタラと偽装して堂々と売られているのです。

そのため、きちんとした店舗以外の、夜市などの屋台で食べる場合は暗闇で何を食べさせられるのか分からないので注意が必要です。

バラムツとは?

バラムツは数百メートルの深度に生息する深海魚で、大型で成魚は全長2メートル以上になることもあります。

バラムツ 下痢
(画像引用元:http://umafish.com

体内の油脂成分のほとんどが人体で消化されないワックスエステル(蝋)で出来ています。

 

そのため、食べ過ぎると消化吸収でずに油脂が肛門からそのまま漏れ出し、下痢や腹痛を起こす場合があります。

 

ただし、その油分の毒性は弱く、少量なら食べても問題はありません。

 

バラムツは日本では1970年に食品衛生法で販売が禁止されている魚ですが、販売が禁止されているだけで自ら釣り上げるなどして食べることは日本でも可能です。

バラムツの食べ方や味は?

バラムツの味はしっかりとした歯応えがあり、大トロのような濃厚な脂分で全身トロのマグロのようで美味しいとされています。

バラムツ 食べる
(画像引用元:http://red.ap.teacup.com

 

食べ方は、シンプルに刺し身で味わうのが美味しく、他にも焼き魚や煮付けとシンプルに食べるが美味しいようです。

バラムツ 食べる
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

ただ脂が多すぎるので、ソテーにすると油ギッシュでパサパサになったりと、熱を通すとかなりの油が出るので、下手に調理せずに刺し身が一番無難のようです。

スポンサーリンク

食べると本当に下痢?

バラムツは「一人4、5切れまで」 がボーダーラインと言われており、それ以上食べる場合は危険性が増します。

 

日本でも釣り上げて食べるのなら問題ないので、食べる報告が多いですが、大多数人が尻から油をたれ流す下痢を引き起こしています。

バラムツ 下痢
(画像引用元:https://benpi-drill.com

 

ただ、芸人の小島よしおさんはテレビの企画で大量にバラムツを食べた際は下痢を引き起こさなかったので、個人差があります。

 

しかし、危険で知らず知らずに尻から油を垂れ流すので、油断せずに食べた日は恥ずかしがらずにオムツを着用して下さい。

中国でタラ偽装がヤバい!バラムツは食べると下痢になるが大トロで美味しい!

中国でタラ偽装に使われたバラムツですが大トロ以上に油がのっており、食べるとマグロのような味で美味しいとのことです。

 

ただし、食べ過ぎれば尻から油を垂れ流す下痢になる可能性が多いの気をつけて下さい。

 

みなさんももし興味があるなら販売はされていませんが、「バラムツ 釣り船」と検索して釣れる場所で釣り上げて食べてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、普通に偽装ではなくタラや、マグロのような味のバラムツではなくマグロを味わったほうが良いかもしれませんが…

せばな~