バターが品薄だ。マーガリンは身体によくない。

いろいろなニュースが入ってきますが、どちらもパンに塗ったりケーキを作ったりすると気に使いますよね。

 

どちらも乳製品で油の塊のようですが、バターとマーガリンはどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は、バターとマーガリンの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

バターとマーガリンの違い?

バターとは

バターとは、80%以上が牛乳(動物性脂肪)から作られています。

バター マーガリン 違い
(画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com

紀元前から作られていた、と言われるほど歴史のある食べ物です。

 

牛乳の中の脂肪分を取り出して固めたものがバターです。法律では、乳脂肪分80%以上、水分17%以下、と決められています。

 

料理やお菓子作りに風味をプラスしたり、美味しくする働きがあります。

 

動物性脂肪が80%以上もあるので、コレステロール値が上がりやすい食品です。

 

1日大さじ1.5~2が適量ですが、ケーキなど食べるとついつい超えちゃいます。

 

食べすぎると、コレステロール値が上がったり動脈硬化の危険性が高まります。

スポンサーリンク

マーガリンとは

マーガリンとは、80%以上がオリーブ油やごま油(植物性脂肪)から作られています。

バター マーガリン 違い
(画像引用元:http://www.kspsvc.com

 

1800年ごろ、ナポレオンの時代にバターが不足して、代用品として考えられたのがマーガリンです。

 

オリーブ油やごま油は液体です。

この液体を程よく固めるために「食用精製加工油脂」がプラスされるのですが、この製造途中でトランス脂肪酸が生まれます。

 

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やす、メタボや高血圧のリスクが高まる、などの働きがあります。

 

オリーブ油やごま油(植物性油脂)がコレステロール値を下げる働きをするのに、トランス脂肪酸がコレステロール値を上げる働きをする。

 

その結果、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸のせいで肥満や高血圧になる可能性があるのです。

バターとマーガリンの違いは材料!

  • バター:動物性脂肪が80%以上
  • マーガリン:植物性脂肪が80%以上

と、どちらも材料は問題ありません。

 

液体である植物性脂肪(オリーブ油やごま油)を固める途中で生まれるトランス脂肪酸が問題なんです。

 

バターに比べて安いマーガリンですが、毎朝パンを食べることを考えるとやっぱりバターの方がいいかな、と思いますよね。

 

でもマーガリンのあっさりとした味わいも捨てがたい。

どちらもバランスよく使っていきたいですね。

 

せばな~