新しい瓶の蓋も固いし、使いかけのジャムの蓋はくっついて固くて開かない。

こんなことありませんか?

誰かが帰って来るまで蓋が開かないのは困りもの。

 

ということで今回は、瓶の蓋が固くて開かない時に、簡単に開けられるコツを紹介します。


スポンサーリンク

瓶の蓋があかない!簡単な開け方・取り方は?

なぜ瓶の蓋が固くて開かないの?

新しい瓶の場合、蓋は機械でしっかりと閉められています。

 

これは瓶の中身が酸化しないように、真空状態を作り出しています。

瓶 蓋 開け方
(画像引用元:http://onigiriface.com

さらに冷蔵庫に保管していると、瓶の中の空気が冷えて気圧が下がります。

 

また、使いかけの瓶の蓋が開かない時は、内容物が瓶の口付近にくっついて固まっている可能性があります。

 

ジャムやはちみつなどは口につきやすく、固まりやすいですよね。

使った時は、口の周りを綺麗に拭いておきましょう。

簡単に開けるコツ

滑りにくくする

瓶の蓋を持った手が滑って開けにくいことがあります。

 

ゴム手袋やタオルで瓶の蓋を持ちましょう。

瓶 蓋 開け方
(画像引用元:http://makotti.com

手首だけを回すのではなく、肘から先を動かすようにして、腕全体の力を使うイメージで瓶の蓋を回しましょう。

 

瓶の蓋の周りに輪ゴムを数本巻き付けてもいいですね。滑り止めになります。

瓶を温める

瓶の内部と外気の気温差で瓶の蓋が開けにくい場合があります。

 

特に冷蔵庫に保管していた場合は温度差が関係してきます。

 

50℃位のお湯に瓶の蓋をつけて温めましょう。

金属の蓋の部分が先に膨張するため、蓋が開けやすくなります。

瓶 蓋 開け方
(画像引用元:https://omocoro.jp

蓋も瓶も50℃のお湯に浸かっていたので、火傷しないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

便利グッズを使う

百均のキッチングッズ売り場をのぞくと、いろいろなものが売られており、瓶の蓋にかけて蓋を回しやすくするグッズも売られています。

瓶 蓋 開け方
(画像引用元:http://fukugi2910.com

握力が弱くなってきた、腕の力が弱くなってきた、と感じる方は、このような便利グッズを使ってもいいですね。

瓶の蓋があかない時も簡単な開け方で解消!早めに食べるのも手段!

保存食として便利な瓶ですが、一旦蓋を開けたら空気に触れるので早く食べた方がいいですね。

 

我が家でも冷蔵庫の奥から使いかけの瓶が出てきて、やっぱり蓋が開かない。

なんてことが何度かありました。

 

温めたら簡単に蓋が開いたので良かったのですが、眼につく場所に置いて早く食べよう、と反省したのでした。

 

みなさんも、使いかけの瓶は早めに使うか、上記の方法で開けちゃいましょうね。

 

せばな~