ジャムやワインなどで可愛い瓶に出会うと、嬉しくなりますよね。

 

ちょっと取っておいて何かに使おうと思っても、なかなかラベルが剥がれないってことありませんか?

せっかくカワイイ形の瓶なのに、ラベルが綺麗に剥がれないと魅力も半減です。

 

ということで今回は、空き瓶のラベルを綺麗にはがす方法はないのか、調べてみました。


スポンサーリンク

空き瓶ラベルの剥がし方

お湯につける

空き瓶 ラベル
(画像引用元:https://raigetsu.com

手を入れて熱いと感じるくらいのお湯に瓶をつけます。

 

ラベルをつけている糊を溶かす効果があります。

 

ひと晩待てば勝手にラベルが剥がれていることもありますよ。

 

こびりついているラベルは、たわしで優しく擦ると簡単に取れます。

ドライヤーを使う

紙製のラベルならお湯で簡単に取れますが、アルミ箔やフィルム状のラベルはお湯では取れません。

 

そこでドライヤーを使って熱を加えましょう。

空き瓶 ラベルの剥がし方
(画像引用元:https://i.ytimg.com

ドライヤーの熱をあてて、ラベルが熱くなるまで待ちます。

 

ノリが熱で溶けてくるので、ラベルが熱くなったら端の方からゆっくりと剥がしましょう。

スポンサーリンク

洗剤を使う

食器を洗う洗剤には界面活性剤が入っています。これが糊を溶かしてくれます。

 

ラベルの部分に洗剤をかけてラップをします。

 

2、3時間ほどたったら端からラベルをめくっていきましょう。

 

糊=汚れと勘違いして、洗剤が働いてくれます。ついでに瓶も洗えば一石二鳥ですね。

ワインのラベルを保管したい人

ワイン好きな人の中には、今まで飲んだラベルをコレクションしたい人もいますよね。

そんな人がお湯につけてはラベルがダメになってしまいます。

 

そんな時は、ちょっと費用は掛かりますが、ラベルコレクターを使いましょう。

瓶 ラベル 剥がし方
(画像引用元:https://www.rakuten.ne.jp

これはラベルの上に粘着力の強いシールを張り付けて、瓶についているラベルを強引にはがす方法です。

 

ラベルの種類によってはうまく剥がせなかったり、質感が変わることもあるので、使う前にはラベルをよく確認しましょう。

空き瓶ラベルの剥がし方を覚えて有効活用!

小さな瓶に香辛料を入れたり、大きな瓶にパスタをそのまま保存したりと、空き瓶は大活躍します。

中身が見えるので、子供でも分かりやすいのがいいですよね。

 

我が家でも口の大きな瓶に飴を入れたり、花瓶の代わりに使ったりと大活躍しています。

 

もし糊が残ってベタベタする場合は、アルコールスプレーを吹きかけてふき取るとすっきりと綺麗な瓶になりますよ。

 

みなさんも、綺麗に空き瓶のラベルを剥がし、有効活用していきましょうね!

 

せばな~