子ども達が大好きなハンバーグやハンバーガー。

そんなひき肉から作られるハンバーガーですが、「ビヨンドミート」と呼ばれる「肉の代わりの物」が注目を集めています。

 

諸事情により肉を食べられない人でも、ハンバーガーやハンバーグを楽しむことができる。

そんなビヨンドミートとはどんな食べ物で、食べ方はどうなっているのでしょうか?

 

今話題のビヨンドミートとはどんな食材で食べ方・レシピを調べてみました。


スポンサーリンク

ビヨンドミートとは?レシピや材料は?

ビヨンドミートとは

ビヨンドミート(Beyond Meat)とは、お肉を使わないお肉、植物で作ったお肉のことです。

ビヨンドミート とは
(画像引用元:http://business.nikkeibp.co.jp

アメリカで開発されて、あのビル・ゲイツも研究に出資していると言う話です。

 

材料は、

  • えんどう豆から抽出したプロテイン
  • 圧縮キャノーラオイル
  • 精製ココナッツオイル
  • 食用イースト

などが使われています。

 

食感を増すために竹セルロースも使われています。

 

ハンバーグ状をしているので、見た目はハンバーグそのものです。

 

しかし牛肉より鉄分は2倍、飽和脂肪酸は半分、コレステロールはゼロという優れものです。

スポンサーリンク

ビヨンドミートのレシピ

ビヨンドミートのハンバーグプレート

ビヨンドミート とは
(画像引用元:https://i.gzn.jp

温めたフライパンにビヨンドミートをのせます。

片面を3分づつ焼けばOKです。

 

お肉のハンバーグのように、焼き色も付きます。

 

本当のお肉なら中までしっかりと火を通す必要がありますが、ビヨンドミートは野菜なので、片面3分づつ焼けば十分です。

 

サラダとつけあわせの野菜と一緒にお皿に乗せたら、見た目はハンバーグそのものです。

ビヨンドミートのハンバーガー

ビヨンドミート レシピ
(画像引用元:https://d3jks39y9qw246.cloudfront.net

片面3分焼いたビヨンドミートをパンに挟めばハンバーガーの出来上がりです。

 

かぶりつけば肉汁のようなものもでて、まさにハンバーガーそのものです。

ビヨンドミートとは肉の代替品で優れもの!レシピもハンバーガーが美味しそう!

ベジタリアンを対象にした商品かと思いきや、じつはそれだけに限らないビヨンドミート。

 

肉を食べられない子どもも、他の子どもと一緒にハンバーガーを食べることが出来るビヨンドミート。

 

肉を作るためには、飼料として大量の植物や水が必要です。

 

しかしビヨンドミートの原料は植物なので、地球にも優しいと注目を集めています。

 

今はまだ時間とお金がかかるため、高額なビヨンドミートですが、研究が進めば近所のスーパーに並ぶ日も近いかもしれませんね。

 

試してみようとちょっと高級なスーパーに行ってみましたが、まだありませんでした。

 

もし手に入ることがあったら、ぜひ試してみてください。

ビヨンドミートが世界を救うかも?!

 

せばな~