ダイエットはしたい(太りたくない)!でも食事はお腹いっぱい食べたい!!

世の中の半数以上の方が思っていることではないでしょうか?

 

そんなわがままな悩みを叶えてくれるダイエット方法「ボリュメトリクス」が最近話題になっています。

 

この「ボリュメトリクス」とはどんな方法で痩せ、効果はどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、食べてもいいダイエット「ボリュメトリクス」の方法や効果を調べてみたいとおもいます。


スポンサーリンク

ボリュメトリクスとは?レシピメニュー・効果は?

ボリュメトリクスとは

ボリュメトリクスとは、低カロリーな食材で食事量を増やす「かさ増し」するダイエット方法で、ペンシルベニア大学の教授が考案した食事方法です。

ボリュメトリクス レシピ
(画像引用元:https://kirimoru.com

 

ランニングや筋トレなど、体を鍛えることは近年では当たり前という文化になってきました。

それに伴い健康的でよりヘルシーに、かつエネルギーとしても十分役立つ食事内容も注目されます。

 

食事を抜いたり、特定の食品だけを食べたり(食べなかったり)するダイエットはもはやナンセンスです。

 

そんな中でトレーニングをするためのエネルギーにも役立つよう、しっかりとしたボリュームと栄養バランスの良い食事を摂るためのメソッドがボリュメトリクスです。

 

しっかり「量」は食べますが総摂取カロリーは普段の食事よりも「低く」なるのでダイエットにも効果があるのです。

ボリュメトリクスの方法は?

ボリュメトリクスで大事なのは食品のカロリー密度で、低いものを食べるのがボリュメトリクスの方法となります。

ボリュメトリクス レシピ
(画像引用元:https://pbs.twimg.com

 

人間はカロリー量で満腹感を得るのではなく、食べる物の重量で満腹感を感じます。

 

普段500g分食事をしている人はお菓子でも500g食べないと食事と同じ満腹感・満足感を得られません。

 

そのため、同じ重量の食品を食べるならカロリーの低いものを食べた方が良い、という事になります。

 

ボリュメトリクスでは、食品のカロリー密度ごとに以下の4つのカテゴリー分けがされています。

  • カテゴリー1(エネルギー密度がとても低い食品)
    →緑黄色野菜、低脂肪乳製品、きのこ、海藻類など
  • カテゴリー2(エネルギー密度が低い食品)
    →フルーツ、芋類、穀物、シリアル、パスタ、赤身肉、豆類など
  • カテゴリー3(エネルギー密度が普通の食品)
    →肉、チーズ、ピザ、揚げ物、パン、ドレッシング、アイスクリームなど
  • カテゴリー4(エネルギー密度が高い食品)
    →ポテトチップス、チョコレート、飴、ナッツ、バター・食用油など

 

カテゴリー1・2の量を増やし、3・4の量を減らす事を意識することで食事全体のエネルギー密度も低くなります。

 

また、水分が多い食品の方が量が増えるのでスープやお味噌汁などの汁物、白米よりおかゆ、茹でた野菜より生野菜が良いようです。
それ以外には厳密なルールはありません。

 

1日に1食をボリュメトリクス食で500kcalに抑え、他の2食でもボリュメトリクスを意識した食事をすると効果が早く得られるそうです。

 

冷蔵庫にめかぶやもずく、豆腐などパッと食べられるカテゴリー1の食品を用意しておいて食事にプラスするだけでもかなりのかさ増しになりますね。

スポンサーリンク

ボリュメトリクスのオススメ料理

パワーサラダ

ボリュメトリクスにオススメなお料理1つ目は緑黄色野菜とキノコのパワーサラダ。

ボリュメトリクス レシピ
(画像引用元:https://www.saladclub.jp

 

しいたけ・しめじ・まいたけなどお好みのきのこを粗みじん切りにして、大さじ1杯ずつのお酒・みりん・お醤油と一緒に火にかけて、火を通します。

 

サラダほうれん草、茹でたブロッコリーやかぼちゃ、パプリカ、にんじんなど好みの野菜と、大麦やもちむぎなどの雑穀、シリアルなどをお皿に盛り、煮たきのこをドレッシングがわりにかけていただきます。

 

きのこの旨味が出るのでオイルがなくても美味しいドレッシングで、サラダもモリモリ食べられます。

ネバネバ和風パスタ

ボリュメトリクスにオススメなお料理2つ目はネバネバ和風パスタ。

ボリュメトリクス レシピ
(画像引用元:https://image.i-voce.jp

 

オクラ・なめこをさっと湯通しして、めかぶ・納豆と混ぜ合わせます。

茹でたパスタにめんつゆ・ポン酢と一緒に和えて出来上がりです。

お好みでキュウリやトマト・レタスなどを加えてさらにカサ増ししてもいいですね。

ボリュメトリクスのおすすめレシピ美味しく効果発揮!

私たち人間は食べるという行為に幸せを感じます。

 

その人間の心理に基づいたボリュメトリクスなら、しっかり食べる幸せとダイエットを成功する幸せの二兎を得られるのです。

 

まずは手頃な食材を使ってかさ増し食に挑戦してみませんか?

 

せばな~