8月頃になるとブドウがスーパーに並びますね。

食べやすいデラウェアやちょっと高級なマスカットに巨峰。

ぶどうは種類が多くて、長く楽しむことができます。

 

いつもは洗ってそのまま食べていますが、それ以外のアレンジってあるのでしょうか?

 

ということで今回は、美味しいブドウをさらに美味しく食べるための、アレンジレシピを探してみました。


スポンサーリンク

ぶどうのアレンジレシピ!オリジナルな食べ方は?

ぶどう飴

ブドウ アレンジ
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

縁日に行くと売られているぶどう飴。

家でも簡単に作れちゃいます。

 

【作り方】

①鍋に、砂糖50gと水大さじ2を入れて煮詰める
②ブドウを入れて飴を絡めて、クッキングシートの上で冷ませば完成

 

竹串があれば刺してください。

大きいぶどうの上に小さいブドウをのせて、ミッキーマウスのようにしてもカワイイですね。

 

ブドウが濡れていると飴が絡みません。

しっかりと水滴をふき取りましょう。

ホットぶどうティー

ブドウ アレンジ
(画像引用元:https://www.google.co.jp

いつもの紅茶にぶどうを入れてみました。

ぶどうのいい香りが心を癒してくれます。

 

【作り方】

①ぶどうを半分にカットします。種があれば取り除きましょう。
②カップにティーパックとぶどうを入れてお湯を注ぎます。
③スプーンでちょっとぶどうをつぶすと、さらにいい香りがします。

紅茶味のぶどうも召し上がれ。

ブドウのシャーベット

ぶどう アレンジ
(画像引用元:http://www.nigachi.co.jp

甘さの足りないぶどうや、沢山ぶどうがあるときには是非凍らせてシャーベットにしましょう。

 

【作り方】

①ぶどうの皮を剥きます。
②熱湯に20秒くぐらせると、ツルンと皮がむけます。
③ぶどう250g、牛乳50cc、砂糖少々を加えてミキサーで混ぜます。
④タッパーに入れて冷凍庫へ入れます。
⑤半日たったら一度フォークでかき混ぜます。

 

ふわっとしたシャーベットができますよ。

かき混ぜる時間がない人は、皮を剥いたぶどうを冷凍します。

 

食べたいときに、冷凍したぶどうと牛乳、砂糖をミキサーでかき混ぜてもOK。

スムージーのような滑らかなジェラートが出来上がります。

スポンサーリンク

自家製レーズン

ぶどう アレンジ レシピ
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

ぶどうがたくさんある時は、ぜひ干しブドウを作りましょう。

 

【作り方】

①ぶどうをさっと洗います。
※大きい時は縦半分にカットしてもいいです
②天気のいい日に、ざるや網に乗せて天日干しします。
③水分が飛んで乾燥してきたらOKです。

 

さっと砂糖を振りかけてもいいですし、そのままでも甘さが凝縮して美味しいですよ。

ぶどうアレンジレシピで栄養豊富補給!

ぶどうに多く含まれているぶどう糖は、疲れた体にピッタリ。

アントシアニンなどのポリフェノールも豊富で、夏に疲れた肌を癒してくれます。

 

栄養補給や疲労回復効果があるぶどうをぜひ食べましょう。

 

そのまま食べるだけでも美味しいですが、ヨーグルトにトッピングしたり、サラダに入れても美味しいですよ。

 

みなさんも、いろいろな種類のブドウで、夏の疲れを癒しましょう。

 

せばな~