日本の真反対にあるのに、日本人も多く住んでいる国、ブラジル。

日本人が多いなら食文化も似ているのかと思いませんか?

 

そんなブラジルと日本の食文化の違いは?

 

ということで今回は、ブラジルと日本の食文化はどのように違うのか見てみたいと思います。


スポンサーリンク

ブラジルと日本の食文化の違いは?

和食が人気でアレンジ!

日本が誇る和食ですが、もちろん日本からの移民が多いブラジルでも和食は大人気です。

 

特に寿司屋はブラジルの街を歩いていて見ないことはないくらいにたくさんあります。

ブラジル 日本 食文化 違い
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp

 

もちろん日本のお寿司は様々な魚を使いますが、ブラジルではサーモンとマグロが主流です。

 

カリフォルニアロールにマンゴーが入っていたり細巻きに衣をつけて揚げた「ホットロール」というお寿司があったり、ブラジル流sushiも人気だそうです。

 

また、サンパウロには日本人街がありラーメン・牛丼・天ぷら・焼きそばなどのお店も並んでいます。

 

日本食材も豊富にあるので、家庭で和食を楽しむ人も多いそうです。

BBQ

ブラジルでBBQといえば、日本でも言わずと知れたブラジル流BBQのシュラスコ(シュハスコ)ですよね。

ブラジル 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://cdn.favy.jp

 

シュラスコはお肉を串に刺してまとめたものを炙り焼きにします。

焼けた部分を削ぎ落としながら頂きます。

 

日本でBBQと言えば、鉄板や網の上でお肉を焼いて食べ。

お肉は牛肉が主流ですが、豚や鳥、魚介類なども焼いて食べますが違うようです。

スポンサーリンク

煮込み料理

ブラジルの人が毎日でも食べたいというソウルフードがフェイジョアーダです。

牛や豚などの内臓などと黒豆を一緒に煮込んだ煮込み料理です。

ブラジル 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://loby.c.blog.so-net.ne.jp

 

元々は過酷な労働を強いられてきた奴隷の人たちが農場主が廃棄する部位で作った料理です。

 

栄養価が高いので陽射しに負けない体力が必要なブラジルの人たちにとってはなくてはならない存在です。

 

多種多様な人種の人たちが集まるブラジルですが、誰に聞いても「ブラジル料理といえばフェイジョアーダ」だと答えるくらいの国民食です。

 

日本では煮込み料理と言ってもたくさん種類があり、味付けも様々なので国民アンケートを取ったとしても1つには決められないですよね。

味付け

日本の和食の醍醐味は薄味で「味気ない」という気がしない、素材の味を引き出す調理方法と旨味ですが、ブラジルはしっかり味をつけます。

 

ブラジルの料理は、暑くて日差しの強いお国柄のせいか味付けが濃いものが多いです。

ブラジル 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://www.glolea.com

 

シュラスコもお肉の味を楽しむ料理ではありますが、塩こしょうはしっかりめです。

 

お酢を使ったサッパリしたソースと辛いソースが添えられる事もありますが、こちらも味付けはくっきりハッキリしっかりしています。

フルーツ

日本では古くから果物と言えばみかんや柿が主流でが、ブラジルではフルーツがたくさんとれます。

ブラジル 日本 食文化 違い
(画像引用元:https://d1m1bsps9tiz0g.cloudfront.net

 

パッションフルーツやアサイーなどのトロピカルフルーツやオレンジなどの栽培も盛んです。

 

ブラジルの市場に行くとフレッシュな国産フルーツがたくさん並んでいるそうです。

ブラジルと日本の食文化の違いはあるけど身近!

距離も歴史的背景も宗教も、本当に遠い国ブラジル。

それでも身近に感じるのは移民を多く受け入れて多様性があり、陽気なブラジルの人たちのおかげでしょうか。

 

日本にも本格的なブラジル料理が楽しめるお店がたくさんあるので、ぜひブラジルの食文化を味わいに行きたいと思いました。

 

せばな~