食中毒を引き起こす菌はいろいろありますが、腸炎ビブリオ菌って聞いたことありますか?

 

子ども達が大好きなお刺身などが原因となりやすいそうですが、一体どのような菌なのでしょうか?

 

ということで今回は、腸炎ビブリオの気になる特徴や対策、注意したい食材を調べてみました。


スポンサーリンク

腸炎ビブリオ菌とは?症状・特徴や注意したい食材は?

腸炎ビブリオ菌とは?

生の魚介類に潜んでいる、腸炎ビブリオ菌。

腸炎ビブリオ菌とは
(画像引用元:http://www.bio-theta.co.jp

 

激しい下痢や腹痛、吐き気や嘔吐などが主な症状です。

8時間から24時間の潜伏期間がありますが、短い場合は2~3時間でも発症します。

 

海水温が15℃以上になると活発になるため、この時期に取られた魚介類には腸炎ビブリオ菌がついていると考えて間違いありません。

 

ただし適切に処理されていれば怖がる必要はありません。

 

7~9月が腸炎ビブリオ菌食中毒のピークですが、最近では海水温の低い冬場でも食中毒が発生しています。

特徴や対策

塩分に強くて真水に弱い特徴を活かす

海産物に潜んでいる腸炎ビブリオ菌。

塩分に強くて真水に弱い特徴があります。

 

特に塩分が3%前後の環境が大好きです。

新鮮な魚介類でも、真水でしっかりと洗うことが大切です。

 

4℃以下ではほとんど繁殖しないので、お刺身や魚を持ち帰る時は、保冷剤や氷でしっかりと冷やしましょう

 

短時間でびっくりするほど増えるので、室内で放置せずに早めに冷蔵庫に保管しましょう。

 

冷蔵庫の中でもゆっくりと増殖するので、購入後は早めに食べるようにしましょう。

消毒しっかり

お刺身や生の魚などに潜んでいる腸炎ビブリオ菌。

魚をさばいた包丁やまな板を通じて、他の食材に移る(二次汚染)される可能性があります。

 

魚と野菜のまな板は分ける。

アルコール消毒して菌を死滅させる。

魚を処理した後はしっかりと洗う、など二次感染を広げないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

注意したい食材

生の魚介類に潜んでいるので、お刺身やお寿司が要注意です。

腸炎ビブリオ菌とは
(画像引用元:http://yakudachi-labo.com

新鮮な食材と思っても、真水でよく洗うようにしましょう。

 

二次感染も報告されています。生の魚介類を扱ったまな板や包丁で野菜を切らないようにしましょう。

 

腸炎ビブリオ菌は塩分を好むので、塩もみしたキュウリの中で繁殖した例もあります。

 

魚介類と野菜のまな板を分ける、包丁をよく洗う、など気をつけましょう。

腸炎ビブリオ菌の症状・特徴を知って対策!安全に食材を食す!

自然界に腸炎ビブリオ菌が存在するのは仕方ありません。

 

生の魚介類には腸炎ビブリオ菌がついていると知ったうえで、正しい処理をして菌を広げない、増やさないことが大切です。

 

我が家でもマグロの刺し身はよく買いますが、サクを切り分ける時に魚マークのまな板を使うようにしています。

 

中には分けられるように便利なまな板もあるので、そちらで対策するのもありです。

 

今まではマグロを真水で洗っていなかったですが、今後は洗う方がいいんだなと初めて知りました。

 

他の食中毒菌よりも増殖のスピードが速い腸炎ビブリオ菌。正しい知識で家族を食中毒から守っていきたいですね。

 

せばな~