暑い中仕事を頑張って、冷えたビールを一気に飲む。

ウ~ン、サイコーですよね。

しかし財布の状態によっては、ビールではなく発泡酒を飲む方もいるかもしれません。

 

今更ですが、値段だけでなく、ビールと発泡酒は何が違うのでしょうか?

美味しく飲めるのならどっちでもいいように思いますが、味も違うのでしょうか?

 

ということで今回は、ビールを発泡酒の違いについて紹介します。


スポンサーリンク

ビールと発泡酒の違い?味の差はある?

ビールとは

ビールとは、麦芽、麦ホップ、ビール酵母などで作られる飲み物です。

国が定めた原料の実を使って作る飲み物です。

(画像引用元:http://mikakukyokai.net

 

酒税法では、原料の2/3以上の麦芽を使用したものはビールに分類されました。

 

実は2018年4月に酒税法が変わって、麦芽の比率が67%以上 → 50%以上に引き下げられました。

 

また副原料に果実や一定の香味料を加えた場合でもビールとみなされることになりました。今後新しいビールが出てくる可能性がありますね。

発泡酒とは

発泡酒とは、ビールと同じ材料、もしくは国が定めた原料以外のものが使われている飲み物です。

ビール 発泡酒 味 違い
(画像引用元:http://mikakukyokai.net

 

ビールを苦いと感じる若者が増え、ビールの消費量が減り始めた1990年代に、ビールに親しんでもらうために開発されたのが発泡酒です。

 

酒税法では、原料の2/3未満の麦芽を使用したものは発泡酒に分類されます。

麦芽が2/3以上でも、国が定めた材料以外のものを使っていれば、発泡酒になります。

 

糖質オフやプリン体オフ、カロリーオフなどいろいろな発泡酒が作られています。

 

2018年4月に酒税法が変わって、麦芽の比率が50%以上のものはビールと認定されることになりました。

 

そのため、発泡酒の中でも今までは発泡酒だったけど、2018年4月からはビールと呼ばれるものが出ているかもしれません。

ビールと発泡酒の味の違いは?

ビールと発泡酒の違いは、麦芽の量や材料の違いです。

ビール 発泡酒 違い
(画像引用元:https://img1-kakaku.ssl.k-img.com

 

ただ、味にも以下のようなちがいがあります。

  • ビール:コクとキレがあり、苦みもある。
  • 発泡酒:ビールより味が薄くあっさりしている。苦みも少ない。

 

そのため、ビールの苦さが苦手な人は、発泡酒の方が美味しく飲めます。

逆にビールの苦みとコクが好きな人は、発泡酒は薄くて物足りなく感じるかもしれません。

ビールと発泡酒は値段と麦芽比率の違い?味にも差があり!

発泡酒が作られた当初はおいしくない、と言われたものですが、最近の発泡酒は味わいもコクもあり美味しくなっています。

 

カロリーオフなど女性が飲みやすいよう工夫もされています。

 

今夜はいつもと違うビール、発泡酒を飲み比べてみてはいかがですか?

飲み過ぎないようにご注意くださいね。

 

せばな~