冬が近づいてきましたね。

 

ハロウィン、クリスマス、バレンタインとイベント目白押し。

スイーツを手作りする機会も増えてきます。

 

そこで今回は、チョコレートスイーツを作るためにチョコレートを早く、簡単に溶かす方法を調べてみました。


スポンサーリンク

チョコレートを早く・簡単に溶かす方法まとめ?レンジで?ドライヤーで?それとも炊飯器?

チョコレートを湯せんで溶かす

チョコ 早く溶かす

 

オーソドックスですが、綺麗に溶かすことができます。

 

【作り方】

①鍋に50度位のお湯を張り、ボールにチョコレートを入れます。

※チョコを入れるボウルは鍋よりも大きいほうが、隙間なくピタッとはまり湯気もお湯も入らず便利です。

②ゆっくりと溶かすことで、チョコレートが分離することなく美味しく溶かすことができます。

③お湯が入らないように、底がお湯についていることを確認しながらゆっくりと混ぜましょう。

※ゆっくりと溶かすことで、滑らかなチョコレートに仕上がります。

※混ぜる時もゆっくりと泡を作らないように混ぜましょう。

チョコレートを電子レンジで溶かす

お湯が入っちゃった、などの失敗もあるので、電子レンジを利用してチョコレートを溶かす方法を紹介します。

ポイントは温度調整と、熱を均等に伝えることです。

 

【作り方】

①板チョコ2枚を細かく刻みます。

※大きさにムラがあると、熱の伝わり方にもムラが出るのでできるだけ同じ大きさにしましょう。

②耐熱ボウルに入れて、家庭用電子レンジ(500W~600W)で40秒から1分ぐらいからスタートしてください。

※一度取り出して、ゴムベラでよく混ぜましょう。

③取り出した時に形が残っていても、余熱で溶けていきます。

※それでも溶け残りがあれば、10秒ずつ様子を見ながら加熱します。

 

チョコの量、ボウルの熱伝導、電子レンジによって状況が違うので、様子を見ながら溶け具合を確認しましょう。

スポンサーリンク

その他のチョコレートを溶かす方法

【ドライヤーの熱で溶かす方法】

チョコを刻む。ドライヤーの熱を当てながら、チョコを溶かします。

 

【炊飯器の熱で溶かす方法】

チョコを刻んで炊飯器に入れる。蓋を開けたまま、炊飯モードスイッチオン。

コゲないように混ぜながら、様子を見てください。

チョコが溶けたらスイッチを切ります。炊飯器が熱くなっているので注意してください。

チョコレートを簡単に手早く溶かすには熱の加え方がポイント

チョコレートは湯せんで溶かす、と思い込んでいましたが、いろいろな方法がありますね。

 

いずれにしろ、大切なのは熱を加えながらゆっくりと溶かすことです。

 

急いで溶かすとチョコが分離したり、ボソボソして口あたりが悪くなります。

どの方法でもですが、チョコの温度が45℃以上にならないようにも気をつけましょう。

 

個人的には湯せん派ですが、どうしてもお湯が入ってしまうなど、うまくいかない時は電子レンジも便利ですね。

 

ゆったりとした気分でチョコレートが溶けていくのを見ているのもいいものです。

きれいに溶けたチョコレートを使って、美味しいスイーツを作りましょう。

 

せばな~