便が出ない便秘も困りものですが、便が硬くてずっとトイレに座っていないといけないのも困りものです。

 

子どもと絵本を読んでいたら、元気なウンチはバナナうんち!スルッと出るうんちが理想です。

 

そんな快便になるように、大便が硬い原因や快便になる食事方法はないのでしょうか?

 

ということで今回は、やわらかくスルッと快便になるように、おススメの食事方法を調べてみました。


スポンサーリンク

大便が硬い原因は?快便になる食事方法は?

大便が硬い原因

便秘がち

食べたものが排出される便。

腸に滞在する時間が長くなれば、どんどん水分が吸収されて便が硬くなります。

 

たまにしか便が出ない、と言う人は便秘→便が硬い→便が出にくい→便秘の悪循環に陥っています。

食物繊維が多すぎる

便秘解消に食物繊維がいい、と聞きますよね。

しかし過剰な食物繊維は便を固くします。

 

さらに水に溶けない不溶性食物繊維が多いと、便のカサだけが増えて水分不足で便が硬くなります。

 

便秘にいいはずがかえって便秘を促進してしまっているのです。

やわらかくスルッと快便になる食事方法

水分をたっぷりとる

腸で水分が吸収されますが、もともと水分量が少ないと便はどんどん固くなります、

 

体が水分不足にならないように、しっかりと水を飲みましょう。

 

日本人の体には軟水がおススメです。

1日1.5~2Lくらいは摂るようにしましょう。

 

食べ物からとる水分も含んでの量ですので、水だけなら1Lが目安ですね。

水溶性食物繊維を取る

わかめや昆布などの海藻類、リンゴやみかんなどの果物、山芋や納豆などの水溶性食物繊維を取りましょう。

 

理想は、不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1のバランスです。

 

不溶性食物繊維はイモ類や穀物、キノコなどです。

食事の中でバランスよく摂っていきたいですね。

スポンサーリンク

善玉菌を増やす

腸内環境が整うと、便も程よい硬さになってスルッと快便につながります。

 

ヨーグルトや味噌などの発酵食品を摂るようにしましょう。

 

善玉菌のエサとなる、ビタミンCを含む食品もおすすめです。

 

ブロッコリーやイチゴ、ピーマンやゴーヤをたっぷりと食べましょう。

 

オリゴ糖が豊富なタマネギやきな粉も善玉菌のエサとなります。

善玉菌が増えると、日和見菌が味方になってさらに腸内環境が整いますよ。

大便が硬い原因を知り快便になる食事方法でスルッと!

発酵食品や野菜をバランスよく摂ることが快便への第一歩です。

 

子どもの便秘はあまり聞きませんが、年齢を重ねるにつれ便秘率が高まります。

 

やっぱり腸内環境が大事よね、と家族みんなでヨーグルトやヤクルトを飲むようにしたら、便秘がマシになったように感じます。

 

肉食が続いたり、ストレスがかかると腸内環境が乱れて便が硬くなるので、スムージーや野菜スープなどでしっかりと腸内環境を整えていきましょう。

 

せばな~