皆様大根上手に活用できていますか?

 

我が家は1本購入した後に畑をやっている方からいただいたりして使い切れないまま冷蔵庫の中でシナシナになってしまう事も…

 

ということで、大根を上手に使いこなしてお料理上手になれる常備菜レシピを調べてみました!


スポンサーリンク

簡単につくれる大根の常備菜レシピ

煮物

やっぱり大根で常備菜を作るならまずは煮物ですよね。

大根 常備菜レシピ
(画像引用元:https://www.kyounoryouri.jp/recipe/14130_焼き大根の煮物.html)

1口大のいちょう切りに切った大根と人参、短冊に切った油揚げを油を敷いたお鍋に入れて全体的に油が回るまで炒めます。

 

砂糖・みりん・酒・醤油を1:1:1:1の割合で加えてだしの素をほんの少し足して15分~20分煮込めば美味しい大根の煮物が出来上がります。

 

他にも大根とこんにゃく、大根とさつま揚げ、大根とちくわの組み合わせも最高ですね。

すし酢を使った簡単なます

大根 常備菜レシピ
(画像引用元:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1770005343/)

大根を細切りにしてビニール袋に入れて、すし酢を注いでキュッと袋の口を縛って30分~1時間くらい漬け込みます。

 

なますといえばお正月のイメージですが、普段のお食事の箸休めにもピッタリ。

 

人参や柿、大根の葉っぱも加えると彩りも良くなります。

 

さらにゆずの皮を少し加えると香りの良い上品な味になります。

 

手軽な分、すし酢は美味しいものを使うと良いと思います。

スポンサーリンク

切り干し大根を作ってみよう!

大根 常備菜レシピ
(画像引用元:http://www.peatshop.com/smoke/kiriboshidaikon.htm)

皮付きのままの大根を3mm幅くらいに細切りにします。

 

これを洗濯ネットに入れて1週間ほど天日で干します。

 

夜や雨の日は室内に入れるようにしながら、パリパリになるまで干したら完成。
大根は乾燥させることでカルシウムや鉄分、ビタミンBが増すと言われています。

 

貧血や骨粗しょう症が気になる方は普通の大根の煮物を作る前にも天日で1日~干してから使うと効果的だそうですよ。

旬の大根を常備菜レシピでたくさん食べましょう!!

切り干し大根なら普通の大根のまま保存するより場所もとらないので助かります。

 

今まで切り干し大根は買うものという認識でしたが、意外と簡単に作ることができそうなので、我が家でもこれからはたくさん大根をいただいたら切り干し大根にしてしまおうと思いました。

 

大根にはビタミンCをはじめとしたビタミン群、葉酸、カルシウムが豊富に含まれています。

 

またジアスターゼという成分が消化を促進したり、辛味成分には抗酸化作用もあるそうです。

 

旬の大根はぜひたくさん食べたいですね。

 

せばな~