普段はあまり日本酒を飲みませんが、旅行に行ったり外で食事をする時にはなんとなく飲みたくなる日本酒。

 

旅行先ではお店のおススメの日本酒を飲むことが多いですが、日本酒って種類が多くて悩みませんか?

 

銘柄も沢山ありますが、もっと基本的な、大吟醸・純米吟醸・本醸造の違いは何なのでしょうか?

 

ということで今回は、大吟醸・純米吟醸・本醸造の違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

大吟醸・純米吟醸・本醸造の違いは?

日本酒の分類

日本酒は、酒税法により精米歩合、麹歩合、アルコール添加量などの製法によって以下のように細かく分けられています。

  • 大吟醸酒  :精米歩合50%以下。麹歩合15%以上。若干のアルコール添加あり。
  • 純米大吟醸酒:精米歩合50%以下。麹歩合15%以上。アルコール添加なし。
  • 吟醸酒   :精米歩合60%以下。麹歩合15%以上。若干のアルコール添加あり。
  • 純米吟醸酒 :精米歩合60%以下。麹歩合15%以上。アルコール添加なし。
  • 本醸造酒  :精米歩合70%以下。麹歩合15%以上。若干のアルコール添加あり。
  • 純米酒   :精米歩合 規定なし。麹歩合15%以上。アルコール添加なし。

精米歩合とは、米の40%以上を削ったものが精米歩合60%以下と表示されます。

 

米は中心に行くほど甘みが増して美味しくなりますが、量が半分くらいのなりますので、沢山削る程値段は高くなります。

大吟醸とは

大吟醸とは、精米歩合50%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコール添加ありのお酒です。

大吟醸 純米吟醸 本醸造 違い
(画像引用元:https://im.belluna.jp

米、米麹の他に醸造アルコールをプラスします。

 

「吟醸」とは吟醸造りで作ったお酒のことで、精米したお米を低温でゆっくり発酵させることにより、独特の香りが生まれます。

 

醸造アルコールを添加することで、酵母によい影響を与え味や香りが引き立ち、味に丸みが出てきます。

フルーティで爽やかな香りが特徴です。

 

醸造アルコールは純粋なアルコールなので、添加物ではありません。

純米吟醸とは

純米吟醸とは、精米歩合60%以下、麹歩合15%以上、アルコール添加なしのお酒です。

大吟醸 純米吟醸 本醸造 違い
(画像引用元:http://junko-liquor.com

米と米麹のみで作られています。

色がとてもきれいで、米の風味や香りが感じられます。

スポンサーリンク

本醸造とは

本醸造とは、精米歩合70%以下、麹歩合15%以上、若干のアルコール添加ありのお酒です。

大吟醸 純米吟醸 本醸造 違い
(画像引用元:https://www.nishino-kinryo.co.jp

原料の米1トンに対して120L以下の醸造アルコールを添加しているお酒です。

まろやかな飲みやすいお酒です。

大吟醸・純米吟醸・本醸造の違いは材料と作り方!

  • 吟醸:吟醸造りをしたお酒
  • 純米:米と米麹のみで作られたお酒

材料と作り方によっていろいろと分類される日本酒。

原料となる米や精米歩合によっても風味や味が変わってきます。

 

旅行のお土産に飲み比べセットを良く買うのですが、同じ場所で作られた日本酒でも味わいが違います。

 

高級な日本酒が美味しい、と言う訳ではないので、自分の口に合う日本酒を探してみるのも楽しいですね。

 

せばな~