食べる女性ホルモンとも言われて、美意識の高い女性なら何かしらの形で取り入れている「大豆イソフラボン」。

 

でも、食べても食べても大豆イソフラボンを吸収できない体質の人がいるって知ってましたか?

 

今回は、大豆イソフラボンを吸収できない体質と、その理由について調べてみたいと思います。


スポンサーリンク

大豆イソフラボンを吸収できない?摂取すると効果は?

大豆イソフラボンとは?

その名の示す通り、大豆製品に豊富に含まれるポリフェノールの「大豆イソフラボン」。

大豆イソフラボン吸収
(画像引用元:http://www.urizun-acpmox.com

女性ホルモンと構造が似ているので「食べる女性ホルモン」とも言われています。

 

骨粗しょう症の予防、更年期障害の緩和、コレステロールの低下、お肌の保湿やシワ対策。

女性に嬉しい健康効果ばかりのすごい栄養素です。

大豆イソフラボンを吸収できない体質

食事などで摂った大豆イソフラボンは、腸で吸収されます。

 

この時に「大豆イソフラボン」のままで吸収する人と「エクオール」という物質に変化させてから吸収する人がいます。

大豆イソフラボン吸収
(画像引用元:https://hc-sys.com

エクオールは体内で女性ホルモンと同じように働いてくれますが、大豆イソフラボンのままでは女性ホルモンのような働きが弱まって効果が発揮できません。

 

腸内で大豆イソフラボンをエクオールに変化するのが「エクオール産生菌」という腸内細菌です。

 

このエクオール産生菌が腸内に存在する日本人は約50%、欧米人では20~30%と言われています。

スポンサーリンク

エクオール産生菌が減っている?

エクオール産生菌が多い日本人。

日本人に次いでエクオール産生菌を持っている人が多い国は中国や韓国など、いずれも大豆を良く食べる国だそうです。

大豆イソフラボン吸収できない
(画像引用元:http://bijoh.com

大豆を毎日たくさん食べて育って来た私たちは、比較的大豆イソフラボンを効果的に摂取できていると言えます。

 

ただ、最近は20代以下に限ってはエクオール産生菌を持っている人が欧米並みの割合になっているそうです。

 

欧米化した食生活によって、大豆を食べる事が減ったのが原因と考えられています。

 

また日本人の50%のエクオール産生菌を持っている方も腸内のエクオール産生菌が減って行く事もあります。

 

腸内細菌は日々の食事の積み重ねによって、増えたり減ったり内容が変わったりします。

 

せっかくの食べる美容と健康の大豆イソフラボンを効果的に摂取するためにも、その他の健康のためにも、腸内環境を整える事は大切ですね。

日本人は大豆イソフラボンを吸収できる!摂取して健康に!

エクオール産生菌があるかどうかを調べるのは至難の技です。

 

例え自分がエクオール産生菌がない体質だったとしても、大豆製品を食べない生活をするよりは毎日少しずつ食べるのがいい事には変わりありません。

 

目安としては1日に豆腐4分の1~3分の1丁分の大豆製品を食べるのがいいと言われています。

 

昔から「まごはやさしい」と1番最初に出てくるくらい健康にいいとされている大豆。

みなさんもできるだけ毎日取り入れていれてみてください。

 

せばな~