我が家の近くのお弁当屋さんは、出汁巻き卵が名物です。

出汁がたっぷりと染みた出汁巻き卵はとっても美味しいですが、家で作るのは厚焼き玉子です。

 

厚焼き玉子に出汁を入れたら出汁巻き卵になるのかしら?

そんな、厚焼き玉子と出汁巻き卵の違いは?

 

ということで今回は、出汁巻き卵と厚焼き玉子の違いについて調べてみました

スポンサーリンク

出汁巻き卵と厚焼き玉子の違い

出汁巻き卵とは

出汁巻き卵とは、卵液に出汁を加えて焼いた卵焼きのことです。

出汁巻き卵 厚焼き玉子
(画像引用元:https://lowch.com

 

鶏の卵をしっかりとかき混ぜて、だしを加えます。玉子焼き器で巻きながら焼いて、巻きすなどで形を整えます。

 

卵液を薄く流しいれ、何度も巻いて形を整えていきます。

 

関東の出汁巻き卵は、出汁や砂糖、しょうゆなどを入れて焼くことが多いです。

 

卵液を漉すことによって、卵液がなめらかになり、きめ細かい出汁巻き卵が作れます。

関西の出汁巻き卵は、出汁だけを入れて焼くことが多いです。

大根おろしを添えて、一緒に食べることもあります。

スポンサーリンク

厚焼き玉子とは

厚焼き玉子とは、卵液を多めに使って焼いた、分厚い卵焼きです。

出汁巻き卵 厚焼き玉子 違い
(画像引用元:https://miyameguri.tochipe.jp

 

卵液を何度も流しいれながら分厚く焼いて形を整えていきます。

 

卵液の中に醤油や砂糖、みりんなどで味付けをしている場合もあります。

 

ほうれん草や明太子などの具を入れた厚焼き玉子もあります。

ウナギのかば焼きを入れた厚焼き玉子は、う巻きと呼ばれます。

出汁巻き卵と厚焼き玉子の違いは出汁が入るかどうか

卵液の中に出汁が入れば出汁巻き卵、出汁がなければ卵焼き。

分厚く焼いた卵焼きが厚焼き玉子です。

 

子どものお弁当に入れる時は、厚焼き玉子のボリュームが喜ばれますよね。

 

出汁たっぷりの出汁巻き卵を焼こうとチャレンジしましたが、出汁が多いと卵液が固まりにくく、うまく巻くことができませんでした。

出汁がにじみ出るほどの出汁巻き卵を焼くには、練習が必要なようです。

 

みなさんも、出汁巻き卵、厚焼き玉子の違いを知って作ってみませんか?

 

せばな~

スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません