和食には欠かせない出汁。最近はお手軽な出汁パックがいろいろあるので、かつお節から出汁を取る機会が減っていますが、たまにかつお節から出汁を取ると取ってもいい香りがします。

 

かつお節で出汁を取ると、出汁がらがたくさん残りますが、これって捨てるしかないのでしょうか?

こんなにおいしい出汁をくれたかつお節、なんだかもったいないですよね?

 

ということで今回は、だしをとった後のかつお節の食べ方・再利用方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

出汁をとった後のかつお節の再利用方法

まずは二番出汁

かつお節から出汁をとった後、再度出汁をとることができます。

これを二番出汁と言います。

出汁 鰹節 再利用
(画像引用元:http://www.kobuya.net

一番出汁が澄みきって上品なお出汁なのに比べて、二番出汁は味噌汁など濃い味付けに使うことができます。

 

【二番出汁の取り方】

①一回出汁をとったかつお節と水を鍋に入れて、沸騰させます。

②沸騰したら弱火にして10分程煮出します。

③最後に一つかみのかつお節を加えると、風味がアップしますよ。

 

煮物や味噌汁などに十分使える出汁が取れます。

ふりかけに変身

2回出汁をとったかつお節ですが、まだまだ風味は残っています。

ご飯には欠かせないふりかけを作りましょう。

出汁をとった後の鰹節
(画像引用元:http://naturalseikatsu.ciao.jp

【材料】

出汁をとったかつお節
醤油、みりん、酒  同量

 

【作り方】

①出汁をとったかつお節の水分を絞ってざるに広げます。

②ある程度乾燥したら、フードプロセッサーで細かく砕きます。

③フライパンに入れて、さっと煎って水分をさらに飛ばします。

④かつお節がパラパラして来たら、調味料を入れて煮詰めます。

 

お好みでゴマやジャコを入れてもいいですね。

夏には梅干しも合いますよ。

スポンサーリンク

鶏つくね

鍋に欠かせない鶏つくね。

鍋にも出汁が入っていますが、つくねにかつお節が入っているとさらに美味しい出汁が出ますよ。

出汁 鰹節 再利用
(画像引用元:https://img.cpcdn.com

【材料】

鶏ひき肉 300g (胸肉1枚でもOK)
かつお節 100g
パン粉  30g

【作り方】

①胸肉の場合は、皮を取ってフードプロセッサーでミンチにします。

②ボウルにひき肉、かつお節、塩少々を加えて粘りが出るまでよく混ぜます。

③粘りが出てきたらパン粉を加えて、一口大に丸めます。

出汁をとった後のかつお節の再利用方法は色々!

かつお節だけで出汁を取ることもありますが、昆布と一緒にとることもありますよね。

 

そんな時は昆布も一緒にふりかけやつくねにしてしまいましょう。

 

我が家の子ども達もおかかおにぎりは知っていましたが、かつお節から作られているとは知らなかったようです。

 

濃いめの味付けにすれば、お弁当にもピッタリですよ。

 

せばな~