ダイエットについて調べていると、デトックスで老廃物を排出することでダイエットにもなると書かれていたりします。

 

そんな、ダイエットとデトックスの違いとは?

 

ということで今回は、ダイエットとデトックスの違いを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

デトックスとダイエットの違い

デトックスとは

デトックスとは解毒と言う意味で、体の中に溜まってしまった老廃物などを体の外に出して健康になることです。

デトックス ダイエット 違い
(画像引用元:http://detox-web.com

 

老廃物が体内に溜まっていると、代謝が落ちたり腸内環境が悪化したりして体調を崩すことがあります。

 

肌荒れや便秘だけでなく、血行不良や冷え性、むくみなども老廃物が体内に溜まることによって引き起こされます。

 

老廃物を上手に体外に出す(デトックス)ことで、体の中がすっきりとして、代謝が上がり体調が良くなります。

スポンサーリンク

ダイエットとは

ダイエットとは、健康を維持するために食事を制限することや、痩せるために体重を減らすことを言います。

デトックス ダイエット 違い
(画像引用元:https://www.ci-labo.com

 

または肥満を防ぐために食事制限をすることも、ダイエットと呼ばれます。

一般的に摂取カロリーが消費カロリーを上回ると太ります。

 

今の体重よりも痩せるためには、消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らす必要があります。

体重を減らすために食事を控えたり、運動して消費カロリーを増やすことをダイエットと呼ぶことが多いです。

 

健康に痩せるためには、1日に必要な摂取エネルギーを1~2割程度カットするのが良いと言われています。

急激に摂取カロリーを減らしたり、消費カロリーを増やすと、体調を崩す原因ともなりかねません。

デトックスとダイエットは目的に違いあり

デトックスで老廃物を体外に排出した結果、代謝が上がって消費カロリーが増え体重が減ることもあります。

ですがデトックスの目的はダイエットではありません。

 

ダイエットのために便秘解消を目指すことでデトックス効果が得られ体重が減ることもありますが、ダイエットがデトックスではありません。

 

体内の不要なものを排出するデトックスと、体重を減らすダイエット。

どちらも自分の体のことなので、デトックスしながらダイエット効果が得られるとよりいいですね。

 

せばな~