「食べれば食べるほど痩せる!」なんて素敵すぎて魔法のよう!

ダイエットと言えばストイックに食事制限、と思い込んでしまいますが、食べてもいいダイエットがあるなんて!

 

そんな食品があるのでしょうか?

 

それは脂肪燃焼スープ、別名デトックススープです。

 

具だくさんのスープを食べてデトックスしてダイエットも出来る。

そんな魅力たっぷりのデトックススープの効果やレシピを紹介します。


スポンサーリンク

デトックススープ効果で痩せた?作り方やアレンジ方法は?

食べて痩せる、デトックススープ

デトックススープ 痩せた
(画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2133741390706886101/2133818825067825003)

デトックススープを食べるとなぜダイエットにつながるのか、スープの秘密を紹介します。

ポイント1:毒素を排出する

体の中の毒を排出することで痩せやすい体になります。

 

通常毒素は便と一緒に排出されます。

 

便秘などで便が出にくく腸内に溜まっていると、余計な栄養を蓄えてしまいます。

デトックススープは野菜が多く、豊富な食物繊維が便秘の解消を図ります。

 

さらに毒素が排出されることで、肌もきれいになります。

ポイント2: 新陳代謝をアップさせる

新陳代謝が上がると、痩せやすい体になります。

 

代謝が悪い人は、食べ物から取り入れた栄養を無駄に多く体にため込もうとします。

その結果太ってしまうのですね。

 

太りにくく痩せやすい体を作るためには、代謝のアップが欠かせません。

ポイント3:免疫力をアップさせる

デトックス効果と新陳代謝がアップすることで体内環境がよくなり、免疫力がアップします。

 

健康な体で体調が良ければ、自然と動きたくなりますよね。

デトックススープで痩せると言うのは、この体調の改善によるものです。

デトックススープの基本レシピ

基本的なデトックススープのレシピです。

【材料】
・玉ねぎ
・セロリ
・キャベツ
・トマト(トマト缶でも可)
・にんじん
・ピーマン など
・かつお節・鶏がらスープ・昆布
・生姜一かけ
【作り方】

①野菜を一口大にカットし、大きめの鍋に入れます。
②かつお節・鶏がらスープ・昆布を鍋に入れ、野菜が浸るくらいの水を入れます。
③野菜が柔らかくなったら、すりおろした生姜を添えていただきます。
④野菜を千切りにすると早く柔らかくなります。

スポンサーリンク

デトックススープのアレンジ

野菜だけで物足りない時は、鶏肉(ササミがおススメ)、ウインナーなどを入れてもいいです。

できれば肉類は避けたいところです。入れる時は少量にしてくださいね。

 

野菜もキノコ類や根菜も美味しいです。

味付けも好みでアレンジすると、同じ具材でも食べ飽きません。

 

芋類やかぼちゃは避けてください。

脂肪分や糖質の多い食材は使わないようにしましょう。

 

ポイントは1週間、デトックススープを食べ続けることです。

 

他の食事をとる時も、まずはデトックススープを一皿食べましょう。

血糖値が上がって他の食べ物の栄養を蓄えにくくなります。

 

身体も温まって消化が良くなりますよ。

デトックススープ効果を普段の生活にも取り入れて痩せる?

1週間集中してデトックススープを食べてみるのもいいですが、それだけでは炭水化物やたんぱく質などの栄養が不足してしまいます。

 

1食の置き換えでも効果がありまので、まずは普段の食生活に野菜たっぷりのデトックススープを一品として取り入れてみましょう。

 

暑い夏でも、寒い冬でも野菜たっぷりのスープは身体の健康のために最適です。

 

同じ野菜でも味付けで全く違うスープになります。野菜嫌いの子どもでも付き合ってくれそうですよね。早速作ってみようっと。

 

せばな~